Wikia

Memory Alpha

USSヨセミテ

トーク0
2,599 件の記事が
このウィキにあります
USSヨセミテ
USS Yosemite.jpg
クラス: オーベルト級
艦種: 科学調査艦
登録番号: NCC-19002
所属: 連邦宇宙艦隊
状態: 現役2370年現在)

 USSヨセミテ(USS Yosemite NCC-19002)は24世紀に運用されたオーベルト級連邦宇宙艦である。

 2369年、ヨセミテは2つの恒星間のプラズマ放電を調査するためにアイゴ・セクターに派遣された。ミッション中、サンプルのプラズマ主機関室で爆発し、艦はコースを離れ漂流した。

 その後、USSエンタープライズDがヨセミテの消息を探るため派遣された。しかしながら、乗船班は艦内に誰も発見できず、高エネルギープラズマの放射を受けて死んだ機関主任ジョシュア・ケリー大尉の遺体を回収した。エンタープライズの乗船班の一員である、レジナルド・バークレー(当時中尉)が転送中に「大きな口をした」生命体を見たと主張した後、彼がプラズマ放電から疑似エネルギー微生物に感染していたのが発見され、それがヨセミテの爆発の原因であることも明らかになった。後に微生物駆除のため転送シークエンスを途中で中断した転送機の中から4名のヨセミテの生存者が発見され、バークレイ中尉によって救助された。(TNG:プラズマ放電の謎

Deep Space 9 - vessel arrival roster

ヨセミテが載っているディープ・スペース・9到着名簿

 ヨセミテはその後回収されJ・スウィフト大佐の指揮下の元宇宙暦47552.9ニュー・ブルックリン9号星から宇宙基地ディープ・スペース・9まで航行した。(DS9:オブライエンの孤立

ヨセミテの乗員編集

背景編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア