Wikia

Memory Alpha

USSポチョムキン(NCC-18253)

トーク0
2,608 件の記事が
このウィキにあります
USSポチョムキン
Excelsior port of Galaxy.jpg
クラス: エクセルシオ級
登録番号: NCC-18253
所属: 惑星連邦宇宙艦隊
状態: 現役(2374年現在)
23世紀コンスティチューション級宇宙艦については、USSポチョムキン(NCC-1657)を参照。

 USSポチョムキン(USS Potemkin NCC-18253)は、惑星連邦宇宙艦隊が保有するエクセルシオ級宇宙艦である。同艦は24世紀に就役している。

宇宙艦隊での功績編集

 2361年から2367年、内乱によって混乱した植民惑星であるターカナ4号星に最後に接触した宇宙艦である。(TNG:革命戦士イシャーラ・ヤー

 2368年に、ウォーフ大尉が脊髄損傷を受けた際に、治療のための専門医であるDr.トビー・ラッセルをエンタープライズへ輸送した。(TNG:神経医療エキスパート ドクター・ラッセル

 ドミニオン戦争中は第9艦隊に所属し、2374年には僚艦のUSSエクセターUSSサザーランド及びUSSアカギと共にディープ・スペース・9へ修理のために寄港している。(DS9:花嫁の試練

ウィリアム・T・ライカー編集

 2361年ウィリアム・T・ライカーは、ベータゼット勤務の後このUSSポチョムキンへ大尉として配属された。この艦での任務中、ネルヴァラ4号星が危険なエネルギーの歪に遭遇した際に、上陸中の科学調査チームの救出チームの指揮を執った。このときの功績が認められ、彼は少佐へと昇進したが、惑星から転送で脱出する際に転送装置に誤作動が発生し、惑星上に彼の完全なコピーが取り残されることとなった。このコピーは8年後にエンタープライズによって発見された。(TNG:もう一人のウィリアム・ライカー

 ポチョムキンのクルーはポーカーを行う習慣があった。若い士官として彼もそのポーカーに参加し、そこで彼はポーカーを覚えた。(TNG:若き勇者達

 なお、彼がアカデミー時代にソリア艦との戦闘シュミレーションで考案した戦術を、実際にこの艦での勤務時に実施した。惑星の磁極に艦を移動し、艦のパワーを切ることによって敵のセンサーをかく乱し身を隠すことに成功した。(TNG:限りなき戦い

背景編集

USS Potemkin, Ambassador class, LCARS

LCARS上のポチョムキン

 USSポチョムキンはエクセルシオ級であるが、『もう一人のウィリアム・ライカー』に登場したLCARS画面ではアンバサダー級のシルエットで描かれている。

 『Star Trek Encyclopedia』によると、ポチョムキンの名はエカチェリーナ2世時代のロシア帝国軍人、グリゴリー・ポチョムキンにちなんでいる。

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア