Wikia

Memory Alpha

USSヘラ

トーク4
2,602 件の記事が
このウィキにあります
USSヘラ
No Image.jpg
クラス: ネビュラ級
登録番号: NCC-62006
所属: 惑星連邦宇宙艦隊
艦長: シルバ・ラフォージ大佐2370年
状態: 行方不明2370年現在)

 USSヘラ(USS Hera NCC-62006)は、惑星連邦宇宙艦隊が所有していたネビュラ級宇宙艦である。2369年までに、シルバ・ラフォージ大佐が艦長を務めていた。

 2370年、ヘラはディープ・スペース・3を出発後、突然に行方不明となった。USSエクセルシオUSSノーブルが72時間の捜索を行なったものの、残骸などは一切発見されず、クルーも消息不明のまま捜索が打ち切られた。

 そのため、ヘラは喪失扱いとなり、クルーも死亡したと考えられた。また、当艦のクルーのほとんどがヴァルカン人だったため、クルーの葬儀もヴァルカン星で行われた。

 この同時期、シルバ・ラフォージ大佐の息子であるジョーディ・ラフォージ少佐はヘラは無事で母は生きている、と信じていた。彼はガス惑星に遭難したUSSラマンの艦内でラフォージ大佐と遭遇したが、それは地上から送信されたホログラム映像だと考えていた。彼自身は、ヘラに使用されているトリオニック触媒の影響でワープ・トンネルが発生して、その出口が500光年も離れたこのガス惑星の低空軌道に出来、亜空間バブルによって船体が保護されているのだとかなり強引に推測した、というより、どんな理屈をこじつけても、母が生きていると信じたがった。

 そしてジョーディは制止を振り切り、自らの生命の危険をも辞さずにラマンの浮上を試みた。
 しかしながら、ラフォージ大佐の姿をした映像は実際にはラマンが遭難したガス惑星上空に生息する亜空間生命体であった。彼女は誤って落下した地表から脱出するために、ジョーディの母に化けて彼の情につけこんだのでだった。(TNG:インターフェイス救出作戦

背景編集

 「ヘラ」は、ギリシャ神話に登場する女神の名前。ゼウスの妻であり、結婚をつかさどる神とされているが、嫉妬深いことでも知られている。

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア