Wikia

Memory Alpha

USSサザーランド

トーク0
2,601 件の記事が
このウィキにあります
USSサザーランド
USS Sutherland.jpg
クラス: ネビュラ級
登録番号: NCC-72015
所属: 惑星連邦宇宙艦隊
建造場所: サンフランシスコ造船所
就役: 宇宙暦44820.5(2367年
艦長: シェルビー大佐2374年
状態: 現役2374年現在)

 USSサザーランド(USS Sutherland NCC-72015)は、惑星連邦宇宙艦隊の所有するネビュラ級宇宙艦である。サザーランドは地球軌道上のサンフランシスコ造船所ヨーヨーダイン社によって建造され、宇宙暦44820.5(2367年)に完成した。

USS Sutherland at Starbase 234

第234宇宙基地スペースドックに係留中のサザーランド。

 2368年前半、サザーランドは大規模メンテナンスのために第234宇宙基地スペースドックに係留されていた。同年、宇宙暦45020.4にはクリンゴン内戦に際してロミュラン帝国デュラス家の物資補給路を封鎖するためにジャン=リュック・ピカード大佐指揮下で機動部隊が臨時編成された。サザーランドもこの機動部隊に編入されたが、造船所監督から出航準備ができていないと言われていた上、この臨時任務に当たり、同艦はクルー不足で艦長も就任していない状況であった。そのため、USSエンタープライズDデータ少佐が臨時の艦長に任命された。また、副長には同艦のクリストファー・ホブソン少佐が任命された。

 封鎖任務の中、遮蔽したロミュラン艦はサザーランドに向けて強力なタキオン・パルスを照射し、同艦周辺1000万キロメートル半径に渡ってタキオン探知グリッドが消失するという事態に陥った。データ少佐はガンマ・エリドンへ後退し艦隊を再編成せよというピカード大佐の命令に背き、センサーを調整して遮蔽中のロミュラン艦の周辺の残留タキオン・サインを探知し、そこへ向けて低出力光子魚雷を撃ち込んだ。これにより存在が露見したロミュラン艦は撤退せざるを得なくなった。(TNG:クリンゴン帝国の危機・後編

 2369年、惑星連邦とカーデシアの武力衝突への緊張が高まり、カーデシア軍が侵攻すると予測されたミノス・コーヴァ防衛のため、同艦はUSSアリエスおよびUSSベルリンと共に救援として派遣された。(TNG:戦闘種族カーデシア星人・後編カットシーン)

 2370年代中頃、ドミニオン戦争中の同艦はシェルビー大佐指揮下にあり、ベイジョー近隣に配備された第9艦隊に編入されていた。宇宙暦51247.5(2374年中頃)、同艦はUSSエクセターUSSアカギ及びUSSポチョムキンと共に補給のためディープ・スペース・9を訪れた。(DS9:花嫁の試練
 サザーランドはその数ヵ月後に再びディープ・スペース・9へ寄港する予定であった。(DS9:至高の絆

クルー情報編集

背景編集

 セシル・スコット・フォレスターの海洋小説『ホーンブロワー』シリーズの主人公であるホレイショ・ホーンブロワーの旗艦から命名された。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア