Wikia

Memory Alpha

無言の調停者(エピソード)

トーク0
2,602 件の記事が
このウィキにあります

TNG:無言の調停者から転送)

現実世界
制作視点での記事

無言の調停者 
"Loud As A Whisper"

TNG シーズン 2
制作順No.40272-132
本国初放映1989年1月9日、第30話
Riva and Chorus
脚本ジャクリーン・ザンブラーノ
監督ラリー・ショウ
宇宙暦/西暦 42477.2/2365年


Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


背景編集

連続性編集

  • ドクター・ポラスキーはラフォージの盲目を矯正外科手術を介して治療できる可能性を挙げた。レヴァー・バートンは一時、彼の表現豊かな目を使えるようにラフォージの視力を回復させるための運動を起こしていた。『Star Trek: The Next Generation Companion』(2nd ed., p. 73)ではこの場面が加えられたのはその可能性のための準備だったと示唆している。このエピソードの後、案は取り下げられ、シリーズを通してそのことが言及されることは二度となかった。後に、反時間ひずみ効果の結果としてラフォージに新しい目が「成長」するということが『TNG: 永遠への旅』で実現した。そして結局、『スタートレック:ファーストコンタクト』の出来事の前に彼は目を視覚インプラントで置き換えた。彼の目は『スタートレック:叛乱』ではバクー星の効果のおかげで一時的ながら実際に再生した。これらはドクター・ポラスキーが説明したのと同じ効果を再現している。
前エピソード
無法者オコーナ
新スタートレック
シーズン 2
次エピソード
コンピュータになった男

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア