Wikia

Memory Alpha

戦慄の未来(エピソード)

トーク0
2,599 件の記事が
このウィキにあります

TNG:戦慄の未来から転送)

現実世界
制作視点での記事

戦慄の未来 
"Time Squared"

TNG シーズン 2
制作順No.40272-139
本国初放映1989年4月3日、第38話
USS Enterprise-D consumed by energy vortex
脚本モーリス・ハーレイ
ストーリーカート・マイケル・ベンスミラー
(Kurt Michael Bensmiller)
監督ジョセフ・L・スカンラン
宇宙暦/西暦 42679.2/2365年

 宇宙空間で漂流していた惑星連邦シャトルポッドを回収したエンタープライズだったが、それは、エンタープライズに載っているはずのシャトルポッドだった上に、そのシャトル内には、なんと、もう一人のピカードが乗っていた。やがて、そのシャトルポッドは、わずか数時間後の未来からやってきたものだと判明する。

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


背景編集

 このストーリーの構想段階ではが登場するはずだったが、事情によりカットされた。そのため、シャトルポッドがタイムスリップを起こした原因が結局は謎のままという扱いになった。

前エピソード
ホテル・ロイヤルの謎
新スタートレック
シーズン 2
次エピソード
イカルス伝説

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア