Wikia

Memory Alpha

宇宙空間の名探偵(エピソード)

トーク0
2,599 件の記事が
このウィキにあります

TNG:宇宙空間の名探偵から転送)

現実世界
制作視点での記事

宇宙空間の名探偵
"The Big Goodbye"

TNG シーズン 1
制作順No.40271-113
本国初放映1988年1月11日、第12話
Picard and Data (2364)
脚本トレイシー・トーメイ
監督ジョゼフ・L・スカンラン
宇宙暦/西暦 41997.7/2364年

 ファラーダ星人を迎える前にホロデッキで休養するピカード艦長達。しかし、ファラーダの偵察センサーのためにホロデッキが故障しピカードたちが閉じ込められてしまう。

ストーリー編集

 USSエンタープライズファラーダ星人を迎えることになるが言葉の発音が難しい。以前の交渉で発音を一つ間違えただけで二十年もこじれている。ピカード艦長は歓迎の言葉の学習中に、息抜きのためホロデッキで休養する。

探偵ディクソン・ヒルを演じるピカード。依頼を受けたところでホロデッキから戻る。

次には歴史学者のウェイランデータを同行してホロデッキに入るピカード。

依頼人が殺されピカード演じるディクソン・ヒルは殺人容疑で逮捕される。

その頃ファラーダの偵察センサーのせいでエンタープライズの艦体に衝撃がある。

ビバリーもホロデッキに遊びに来る。

ファラーダは艦長との交信を要求する。そこでラフォージがピカードを探しにホロデッキに入ろうとするがドアが開かず内部と連絡もとれない。ファラーダのセンサーのせいでホロデッキが故障したのだ。ウェスリーライカーもホロデッキ前にくるが悪戦苦闘する。

艦長達はホログラムのストーリーを堪能している。が、映像のはずの弾がウェイランを傷つける。治療のためホロデッキから出ようとするがコンピュータが命令を聞かず外へ出ることが出来ない。ストーリーもこじれる一方でギャングが押し入ってくるが駆け引きをしてなんとか膠着状態に持込む。

故障箇所が判明し、ホロデッキのドアが開きピカード達は無事外へ出られた。そして、ピカードは発音を間違えずにファラーダに挨拶を行ったのだった。

付録編集

日本語版編集

 ビデオ発売時の邦題は『ザ・ビッグ・グッバイ』である。

前エピソード
夢の人
新スタートレック
シーズン 1
次エピソード
アンドロイドの裏切り

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア