Wikia

Memory Alpha

宇宙の果てから来た男(エピソード)

トーク0
2,602 件の記事が
このウィキにあります

TNG:宇宙の果てから来た男から転送)

現実世界
制作視点での記事

宇宙の果てから来た男
"Where No One Has Gone Before"

TNG シーズン 1
制作順No.40271-106
本国初放映1987年10月26日、第6話
USS Enterprise in distant galaxy, remastered
脚本ダイアン・デュアン
マイケル・リーブス
監督ロブ・ボーマン
宇宙暦/西暦 41263.1/2364年

 エンタープライズは宇宙艦隊からの命令で傲慢なワープ理論の専門家と、不思議な助手を乗艦させる。彼らの主導でワープエンジンのテストを行なう中、突然にエンタープライズは宇宙の果てまで飛ばされてしまう。その仕組みにウェスリーは気付くのだが、元いた場所に戻ろうとした時に、助手が衰弱し始めてしまう。

ストーリー編集

 USSエンタープライズDUSSフィアレスとランデブーする。艦隊宇宙艦を渡り歩いてエンジンを整備しているコジンスキータウ・アルファC出身のアシスタントを乗せる為だ。データライカーはコジンスキーの整備計画に疑問を抱いている。あらかじめテストしたが何も変化がないためだ。

 何かを隠していないかカウンセラーのトロイに探ってもらう。横柄で威圧的な態度のコジンスキーだが、アシスタントには何も感じないという。

 模擬テストへの疑問を口にする機関部員。ウェスリーにチューニングを説明するアシスタント。ウェスリーはベストの配列を指摘する。

 テストが開始される。エンジンの出力が上がり、なぜかアシスタントの体が消えかかる。速度がワープ10を越え、エンジンを逆転させ停止させる。現在位置は、銀河を二つ越えて270万光年も離れたM-33銀河にいて、帰るのに三百年はかかるという。

 時間と空間が思考によって影響されていることに気付くウェスリー。アシスタントは、まだその歳で考えるのは危険だと注意する。ウェスリーはこの事をライカーに話そうとするが忙しいと言われ無視されてしまう。

 帰るにはもう一度同じ事をすればいいと言って準備するコジンスキー。しかしうまくいかず、計器ではワープ1.5を越えていないにも関わらず、今度は10億光年以上離れた別の空間へ出てしまう。

 そこで乗員達は不思議な現象に遭遇する。ブリッジクリンゴンターグが現れ、消える。ピカード艦長がターボリフトから出ようとすると宇宙空間になっていたり、ターシャは故郷の星で追いかけられる白日夢をみたりする。更に、艦内通路で母親の姿を見るピカード。ピカードは艦内に非常態勢を敷く。思考と現実が入り乱れている状況となっていたのだ。

 昏睡状態になっているアシスタントに、打つ手がないというビバリー。過労のためとしか思えず、覚醒させろというピカード。このままでは想像と現実の区別がつかなくなって危険だ。

 アシスタントは好奇心で宇宙を渡り歩いている。人間の生活を体験したかったのだという。以前は人間の生活圏には興味がなく訪れていなかった。思考は現実の源であり、思考のエネルギーを増幅すればよいと話す。もう一度やってくれと頼むピカード。アシスタントは、ウェスリーの力を自然に伸ばして欲しいとピカードに依頼する。

 三度テストを行う。今度は全乗員の願いを力にする。アシスタントの体がチラチラと消え、今度は全体が消え去ってしまう。だが、エンタープライズは元の位置に無事戻っていた。

 そしてピカードはウェスリーを少尉代理に任命するのだった。

付録編集

関連項目編集

 旅人が登場する他のエピソード

日本語版編集

 ビデオ発売時の邦題は『10億光年の彼方』である。

前エピソード
謎の宇宙生命体
新スタートレック
シーズン 1
次エピソード
姿なき宇宙人

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア