Wikia

Memory Alpha

姿なき宇宙人(エピソード)

トーク0
2,602 件の記事が
このウィキにあります

TNG:姿なき宇宙人から転送)

現実世界
制作視点での記事

姿なき宇宙人
"Lonely Among Us"

TNG シーズン 1
制作順No.40271-108
本国初放映1987年11月2日、第7話
Ssestar
脚本D・C・フォンタナ
ストーリーマイケル・ハルペリン
監督クリフ・ボウル
宇宙暦/西暦 41249.3/2364年

 歴史上の対立を繰り返す二つの種族の代表を乗艦させた直後、エンタープライズは、怪しいエネルギー雲と遭遇する。無事に通過するものの、乗員の何人かが不可解な行動を取り、やがて艦の状態までおかしくなってしまう。そして、ついにはピカードまでもが、何者かに操られてしまう。

ストーリー編集

 敵対する二つの惑星セレイアンティカの代表を会談場所パーラメントまで送り届ける任務についていたUSSエンタープライズは進路上にワープで移動するエネルギー雲を発見する。その時、センサー管理室でウォーフが事故にあったのを皮切りに船体各部で異状が発生する。

 やがてピカード艦長が艦のコースを変更するなど不審な行動をするようになる。実はピカードはエネルギー生命体に操られていたのだ。そして、ピカードはエネルギー生命体と一体化したままエネルギー雲に転送していってしまった。

 しかし、完全には一体化が成功せずピカードだけが雲の中に取り残されていた。そこで、エネルギー生命体が最初入って来たときのようにピカードをエネルギーとして取り込み、転送機に残っているパターンを使い肉体を復元させたのであった。

背景編集

連続性編集

  • TNGで初めてエンタープライズ艦内でクルーが死亡した。

日本語版編集

 ビデオ発売時の邦題は『謎の生命体』である。

前エピソード
宇宙の果てから来た男
新スタートレック
シーズン 1
次エピソード
神からの警告

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア