Wikia

Memory Alpha

TNG:ホテル・ロイヤルの謎

トーク0
2,586 件の記事が
このウィキにあります
現実世界
制作視点での記事

ホテル・ロイヤルの謎 
"The Royale"

TNG シーズン 2
制作順No.40272-138
本国初放映1989年3月27日、第37話
CharybdisDebris
脚本キース・ミルズ
監督クリフ・ボール
宇宙暦/西暦 42625.4/2365年

 シータ116星系第8惑星軌道上に、21世紀に消息を絶った地球の宇宙船の破片が浮いていた。続いて、惑星の地表に建造物を発見したエンタープライズはライカーたち上陸班をそこへ送り込むが、そこは「ホテル・ロイヤル」という、明らかに地球の様式の建物であった。そして、ライカーたちはその謎の環境下で、ホテルから出られなくなってしまう。

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


背景編集

 このエピソード中で言及されているフェルマーの最終定理は、放送当時は証明がなされていなかった。
 しかし、その後、1994年にアンドリュー・ワイルズと彼の生徒であるリチャード・テイラーによってフェルマーの最終定理の証明がなされ、300年以上に渡る謎に決着をつけた。
 後に製作される『DS9:クルゾンの秘密』の劇中においては、ジャッジアトビンの会話の中で、フェルマーの最終定理と、ワイルズの証明のことが原語版では言及されている(ちなみに吹き替えでは、ジャッジアは「フェルマーの最終定理の証明に挑戦している」とだけ言及している)。

前エピソード
埋もれた文明
新スタートレック
シーズン 2
次エピソード
戦慄の未来

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア