Wikia

Memory Alpha

P-51マスタング

トーク0
2,603 件の記事が
このウィキにあります
複数の時間軸
(複数の異なる時間軸からの情報)
P-51 Mustang

サンフランシスコ上空を飛行するP-51D戦闘機

 P-51マスタング(P-51 Mustang)は、地球第二次世界大戦時に、アメリカ合衆国陸軍航空隊が用いていた戦闘機である。6門の50口径マシンガンで武装している。[1]

 P-51は22世紀においても現存し、エアショーで飛行している機体も存在した。

別の時間軸編集

 2154年エンタープライズ(NX-01)ズィンディ超兵器を破壊し、地球へ帰還する途中でダニエルスによって別の時間軸1944年に移動した。

 エンタープライズのクルーはシャトルポッドで地球への降下を試みたが、サンフランシスコ上空でP-51のD型4機編隊に攻撃された。機関部長であるチャールズ・タッカー三世中佐はエンタープライズに帰還したシャトルポッドから12.7mm(50口径)弾を3発引き抜いた。(ENT:時間冷戦・前編

付録編集

注釈編集

  1. 英語での発音は「マスタング」に近いが、日本語ではムスタングとも呼ばれる。

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア