Wikia

Memory Alpha

NX級

トーク5
2,566 件の記事が
このウィキにあります
NX級
艦種: 探査艦
所属: 地球連合宇宙艦隊
建造拠点: サンフランシスコ造船所地球
就役: 2151年
退役: 2161年
全長: 225m
全幅: 135.8m
全高: 33.3m
重量: 80,000mt
速度: ワープ5.2(最高速度)
デッキ数: 7
乗員数: 83名
武装: 初期装備
パルス・プラズマ・キャノン
フェイズ・キャノン
空間魚雷ランチャー

改装後

フェイズ・キャノン×12基
光子性魚雷ランチャー×6
防御: 分極メッキ装甲
ネームシップ: ワープ5船研究プロジェクト名NX計画が由来
状態: 退役 2161年現在)
上:エンタープライズ下:コロンビア

 NX級(NX class)宇宙船人類が初めて開発に成功したワープ5エンジンを搭載した探査船であり、人類が隣接する恒星系の遥か彼方への深宇宙探査の第一歩を築き上げた宇宙船である。地球連合宇宙艦隊はNX級1番船のエンタープライズ(NX-01)2151年に就役させ、その後2154年には2番船のコロンビア(NX-02)を就役させた。

歴史編集

Enterprise (NX-01) leaving drydock
スペースドックから発進するエンタープライズ。

 NX級はNX計画の一部として、30年以上に渡ってワープ5センターで研究が行われていた。この研究センターではヘンリー・アーチャーゼフレム・コクレーン等の著名な技術者が研究に参加していた。(ENT:夢への旅立ち

 エンタープライズはNX級の最初の船であったが、エンタープライズの就役後に更に3隻のNX級が建造される予定であった。(ENT:復讐の連鎖

NX-01 エンタープライズ 編集

 エンタープライズは2151年4月[1]地球軌道上のドライドックからジョナサン・アーチャー大佐指揮下で出航した。本来ならばその三週間後に出航する予定であったが、地球へ不時着したクリンゴンクラングクロノスまで送り届ける必要に迫られたために当初の予定よりも早まった。この出発に関して、同盟国のヴァルカンは人類が宇宙探査をするには時期尚早であると強硬に反対した。しかし、宇宙艦隊はソヴァル大使を説得し、ヴァルカン軍からトゥポル副司令官を同乗させるという条件で出発を認めたのだった。(ENT:夢への旅立ち

 予定よりも出発が早まった影響で、エンタープライズの準備は万全とは言えなかった。空間魚雷は調整が必要な状態であり、フェイズ・キャノンは装備すらされていない状態であった。空間魚雷はその後、2151年5月に遭遇した異星人との戦闘の中で調整が完了した。(ENT:死のファースト・コンタクト

 2153年3月ズィンディによって地球が攻撃された際に、エンタープライズは地球への帰還命令が出された。同年4月24日に帰還したエンタープライズは新型の光子性魚雷を新たに搭載され、宇宙翻訳機のアップグレードを受けた。また、新たに司令センターが設置された。そして、ズィンディ超兵器を捜索するためにデルフィック領域へと旅立った。(ENT:帰還なき旅

Azati Prime (planetoid)
デルフィック領域を進むエンタープライズ。

 およそ1年に渡るズィンディ探索任務は長く危険な任務となった。2154年2月にエンタープライズはズィンディ超兵器が隠されているアザティ・プライム星系へと到達した。(ENT:策略爬虫類族の攻撃) そこでエンタープライズは複数のズィンディ艦による攻撃を受けて大損害を受けた。(ENT:球体創造者

 その後エンタープライズはズィンディ超兵器の破壊に成功し、ズィンディ水棲族巡洋艦によって地球へと送り届けられた。その後、時間冷戦に巻き込まれ1944年でのナクールの計画を阻止した後にエンタープライズは無事に地球へと帰還し、その後再び探査任務へと戻った。(ENT:最終決戦時間冷戦・前編時間冷戦・後編

 その後7年間エンタープライズは運用され、2161年に退役した。(ENT:最後のフロンティア

NX-02 コロンビア 編集

 2153年のズィンディの攻撃の時点で、NX級2番船のコロンビアは建造中であった。その後、2154年11月にコロンビアはエリカ・ヘルナンデス大佐の指揮下で出航した。(ENT:帰還なき旅クリンゴンの苦境

 エンタープライズに比べてコロンビアの船体装甲は12%向上された。また、腹部と背面に魚雷発射管が装備され、パルス・フェイズ・キャノンが追加された。また、ブリッジのステーションは直接主要EPS ジャンクションと直結された。(ENT:ヒーローたちの帰還

 2154年11月には、コロンビアはエンジントラブルのため再びドライドックで修理を受けていたため、ロミュラン無人艦の捕捉作戦では同船はエンタープライズの支援を行えなかった。(ENT:ロミュランの陰謀

 エンジントラブルはエンタープライズの機関部長チャールズ・タッカー三世中佐が2154年後半に転属することによって解消され、その年の11月に出航することができた。(ENT:クリンゴンの苦境

技術情報 編集

船体概要 編集

NX deflector
NX級のディフレクター・アレイ

 NX級は七層のデッキで構成されており(デッキは上層からアルファベット順表記される)円盤型のモジュールによって構成されている。円盤部後方部分にワープ・エンジン・ナセルインパルス・ドライブが接続されている。この扁平な形状が、ワープ・フィールドをシャープにさせることを可能にし、人類初のワープ5を実現した要因の一つでもあった。

 船体とエンジン・ナセルを接続するパイロンデッキDとEの中間からデッキEとFの中間部分に位置しており、プラズマ・コンジットジェフリーズ・チューブが中を通っている。

NX impulse engines
NX級のインパルス・ドライブ

推進システム 編集

 NX級は2本のワープ・エンジン・ナセルが装備されており、ナセル内には複数の対のワープ・コイルが設置されていた。NX級の最大速度はワープ5.2であり、この速度は地球の船でNX級が初めて達成した速度であった。標準の巡航速度はワープ4.5であった。(ENT:夢への旅立ちクリンゴンの苦境) エンジン・ナセルと船体を接続するパイロン後方には2基のフェアリング・インパルス・エンジンが装備されていた。また、円盤部の最前部にナビゲーション・ディフレクターが設置されていた。ディフレクターは航行中に船に衝突する恐れのあるスペース・デブリや小惑星、微細粒子等から船体を保護するために装備されていた。

戦術システム 編集

NX class grappler
グラップラー

 当初NX級にはプラズマ・キャノン空間魚雷及びフェイズ・キャノンが搭載されていた。その後、空間魚雷は光子性魚雷へとアップグレードされ、フェイズ・キャノンはパルス・フェイズ・キャノンへと換装された。(ENT:言葉なき遭遇帰還なき旅

 NX級の防衛システムは他の種族のものと比較すると見劣りのするものであった。後の時代では標準的なディフレクター・シールドトラクター・ビームは実用化されておらず、船体の防御には分極メッキ装甲グラップラーが採用されていた。

NX launch bay
NX級の発射ベイ

シャトルクラフト 編集

 NX級のEデッキには発射ベイが設置されている。発射ベイは気密区画となっており、この区画にはシャトル管制室も含まれていた。発射ベイはEデッキとFデッキの2層になっており、Fデッキには2機のシャトルポッドがドッキングされていた。シャトルの発着は磁気ドッキング・アームで船体下部のハッチから宇宙空間へ下ろされた。(ENT:夢への旅立ち死のファースト・コンタクト

内部デザイン編集

参照:NX級のデッキ

ブリッジ編集

NX-01 bridge
NX-01のブリッジ。
NX-02 bridge
NX-02のブリッジ。

 ブリッジは船の首脳部である。ブリッジは円形になっており、中央には船長席が設置されている。その前方に操舵ステーション、そこから反時計回りに通信ステーション、科学ステーション、船長席の後方に状況報告室、戦術ステーション、機関ステーションという配置になっていた。すべてのステーションは前方のビュースクリーンを向いていた。状況報告室は度々上級士官のブリーフィングに使用された。(ENT:夢への旅立ち

アップグレード編集

 2番船のコロンビアのブリッジは船長席と操舵席の間に追加のモニターが設置された。(ENT:クリンゴンの苦境) 後に2161年までにエンタープライズにも設置された。(ENT:最後のフロンティア

 エンタープライズがズィンディ任務のためにデルフィック領域へと出発する前に、貯蔵ベイであった部屋が司令センターとしてアップグレードされた。(ENT:トレリウムD

通路編集

NX corridor
NX級の通路。

 NX級の船内通路は金属剥き出しであり、円盤部の断面図より機械的均衡が理由であることが明白であった。また、通路の各所には通信パネルが設置されていた。(ENT:夢への旅立ち

機関室編集

NX Main Engineering
機関室。

 機関室はDデッキに位置した。NX級はワープ5の速度を出せる最初のワープ・リアクターを装備した船であった。ワープ・コアから生成されるワープ・プラズマはナセルに注入される前に2基のプラズマ・インジェクターで加速された。

医療室編集

NX Sickbay
医療室。

 医療室はEデッキに位置した。室内の中央に手術台が設置されており、その他のベッドは壁際に位置した。医療室には薬品試験室が併設されていた。(ENT:小さな生命の灯

兵器室編集

Armory, Vox sola
兵器室と空間魚雷。

 兵器室は空間魚雷及び光子性魚雷の発射及びフェイズ・キャノンの操作に使用された。この他にも船内には14か所の兵器ロッカーが設置されていた。(ENT:獲物たちの罠

転送室編集

 NX級には当時の最新鋭技術であった転送機が装備されていた。主に貨物輸送にのみ使用されていた。当時はまだ転送を恐れる乗員が多かったため緊急時にのみ人員輸送が行われた。(ENT:夢への旅立ち

食堂とシアター編集

 Eデッキには食堂が設置されており、ここは時折映画館としても使用された。食堂には10個の円形の金属製テーブルが設置されており、一度に約40名が着席することができた。飲料と簡単な料理たんぱく質再配列機から提供されたが、主な食事は厨房で実際に調理されていた。(ENT:漂流生命体の叫びフロックス船長の孤独三重星系の誘惑最後のフロンティア

水耕栽培室編集

 NX級には水耕栽培室が備えられており、新鮮な果物野菜が船内の食糧供給を補っていた。(ENT:彗星は去り行くとも

船室編集

 NX級は87の乗員用船室がEデッキからBデッキに用意されていた。僅かな部屋にしか船外を眺望できる窓が設置されておらず、それらは一部の上級士官に割り当てられていた。当時の船の構造上の理由と材料から大型の窓の設置は難しかったが、船内各所には小型の窓が設置されていた。また、DデッキとGデッキにはゲスト用の特別室が設けられていた。(ENT:時を見つめる男バベル1号星

同型艦編集

鏡像宇宙編集

付録編集

登場回編集

注釈編集

  1. 4月16日の数日前と思われる。詳細はENT:夢への旅立ちを参照。

背景編集

 eBayのIt's A Wrap! sale and auctionのオークションで、NX級のブリッジとその他の場所の数台のコンソールとパネルが販売された。[1] [2] [3] [4]

NX-class cross section
NX級断面図

 Propworxオークションのカタログに、NX級の断面図が掲載された。

非正史編集

 ロミュラン戦争を描いた小説Pocket ENTの『Kobayashi Maru』と『Beneath the Raptor's Wing』において、2155年8月にNX-03チャレンジャーNX-04ディスカバリーとして就航した。さらに、2156年にはNX-05アトランティスNX-06エンデバーとして就航した。なお、この内エンデバーを除く三隻はロミュラン戦争中に惑星連合、及び宇宙艦隊が損失した艦船の一つとして数えられている。

 また、他にも『TNG novel: Indistinguishable From Magic』において、NX-07としてイントレピッドが、ゲーム『スタートレック:レガシー』においても、NX-09としてアヴェンジャーが、NX-16としてキュリーが登場している。どの船も2159年までには就役しており、イントレピッドは2161年に行方不明になっている。

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ