Wikia

Memory Alpha

HMSバウンティ

トーク0
2,584 件の記事が
このウィキにあります
HMSバウンティ
HMS Bounty.jpg
クラス: ブレル級
艦種: 駆逐艦
所属: クリンゴン帝国惑星連邦
艦長: クルーゲジェイムズ・T・カーク
状態: 沈没2286年現在)

 HMSバウンティ(HMS Bounty)は、ジェイムズ・T・カーク少将らが2285年に鹵獲したクリンゴン・バード・オブ・プレイに名付けられた名前である。このプリフィクス・コードと名前は、レナード・マッコイ歴史的な皮肉としてつけた。地球の航海船であるオリジナルのHMAVバウンティは反逆者たちによって乗っ取られた船なので、宇宙艦隊に反逆した自分たちを彼らに重ねたのである。(スタートレック4:故郷への長い道

鹵獲後編集

 ジェネシスの軌道上でクリンゴンクルーゲ司令官から船を奪った後、カークはこの船でスポックヴァルカン星セレヤ山に連れて行ってファル・トア・パンの儀式を受けさせた。(スタートレック3:ミスター・スポックを探せ

 ヴァルカン星に留まること三ヶ月経った2286年、カークと彼のクルーは地球へ戻って軍法会議を受ける決意をし、HMSバウンティでヴァルカン星を発った。しかしながら地球はクジラ探査機の脅威にさらされており、ザトウクジラのつがいを連れ帰るために彼らはバウンティで1986年タイムトラベルした。20世紀ゴールデン・ゲート・パークに着陸したバウンティは長時間遮蔽を保っていなければならず、またタイム・トラベルによるダイリチウム結晶の劣化で動力不足の危険があった。しかしダイリチウム再結晶化の方法をスポックが考え、それに必要な光子パヴェル・チェコフウフーラが手に入れたことで動力の問題は解決した。バウンティは遮蔽したまま離陸し、クジラを捕獲するためベーリング海へ向かった。クジラはまさに捕鯨船に狙われているところであり、バウンティは遮蔽解除して捕鯨者たちを驚かせた。クジラを転送収容したバウンティは23世紀に戻り、探査機の影響でサンフランシスコ湾に墜落した。クジラは湾に放たれて探査機と交信し、危機は去った。(スタートレック4:故郷への長い道

クルー情報編集

付録編集

背景編集

HMS Bounty, Star Trek VI

未知の世界』の絵コンテ

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア