Wikia

Memory Alpha

スプートニクの飛んだ夜に(エピソード)

トーク0
2,599 件の記事が
このウィキにあります

ENT:スプートニクの飛んだ夜にから転送)

現実世界
制作視点での記事

スプートニクの飛んだ夜に
"Carbon Creek"

ENT シーズン 2
制作順No.027
本国初放映2002年9月25日、第26話
ENT carboncreek vulcans
脚本クリス・ブラック
ストーリーリック・バーマンブラノン・ブラガ
ダン・オシャノン
監督ジェイムズ・コントナー
西暦 2152年4月12日、1957年10月

 トゥポルは1957年に人類とヴァルカンがファースト・コンタクトしていたことを語る。

プロローグ編集

TPols one year toast

一周年を祝うトゥポル、アーチャー、タッカー。

 船長ジョナサン・アーチャー大佐機関部長チャールズ・タッカー三世中佐は、トゥポルエンタープライズ(NX-01)での勤務一周年を祝うため、ディナーに招待した。アーチャーが2人にワインを振る舞う中、ふと彼はトゥポルにあることを尋ねた。それは、トゥポルが地球のソーサリートに住んでいた時、5日間の休暇を取った際にペンシルべニア州カーボン・クリークの炭鉱町に出かけていた理由に興味を持った。それを尋ねられたトゥポルは、人間ヴァルカンファースト・コンタクトの地を訪ねるため、と答えた。
 そして、その“非公式”なファーストコンタクトには、トゥポルの曾祖母が関わっていたという。

第1幕編集

 トゥポルの曾祖母の名前はトゥミア。彼女は人類が初めて打ち上げた人工衛星スプートニク1号の調査のため、人類の情報を収集していた。しかし、調査3週間目に入ってから、彼らの乗る4人乗りの調査船が故障し、地球に墜落した。調査船はアメリカ合衆国ペンシルベニア州カーボン・クリークから数キロ離れた場所に墜落し、船長は死亡。トゥミアが指揮を引き継ぐことになった。

 ここでトリップが疑問を口にした。スプートニク1号が打ち上げられたのは1957年であり、トゥミアが曾祖母ということは世代が二つか三つ飛んでいないか、と指摘した。それに対してアーチャーは、ヴァルカン人の寿命は長いんだ、と返し、話を続けさせた。

 亜空間トランシーバーは不時着時に故障し、救難信号が実際に発信されたかどうかも分からない状態だった。トゥミアたちの非常食は1週間でなくなり、食料がないままさらに5日が過ぎ、ついにメストラルは、自分たちのいる場所から6キロ先にある居留地を目指すべきだと意見を切り出した。トゥミアと機関士ストロンは、メストラルの意見を了承してしまうと、まだワープ航行以前の文化しか持っていない人類と接触せざるをえなくなる上に、自分たちが異星人であることが露呈する危険性があるため、反対した。しかし、メストラルはそれを押し切り、歩き出した。トゥミアは彼を追いかけて、ある町にたどりつく。それが、カーボン・クリークだった。
 2人はある住居の庭に侵入し、衣服を拝借して変装した。メストラルは帽子で耳を隠したが、トゥミアはこの時、衣服を前後逆に着てしまい、着替えなおすことになった。
 2人は町を散策しながら、バスから降りてくる鉱山労働者たちや、ラジオで野球の試合を視聴する男たちを見て、「この種族が人工衛星を打ち上げたとは、信じられない」と述べた。そして、2人は共同体の集会場を見つけて、中に入った。

 彼らを最初に迎えたのは女店主のマギー。トゥミアはマギーに通貨を必要としないものはないか、と尋ねた。マギーは手元にあった菓子のカゴを出した。すると、ビリーという男性客がトゥミアたちに、「何でカーボン・クリークに」と尋ねてきた。トゥミアは「自分たちの乗ってきた乗り物が、町はずれで事故にあった」と当たり障りのない返答をした。ビリーはビリヤードの相手を探していたが、そこで名乗りを上げたのはマギーの息子ジャックだった。だが、マギーの反対に遭う。その代わり、ビリーの勝負に乗ったのはメストラルだった。彼が勝手に勝負を受けたことにトゥミアは小声で注意し、ルールも知らないのに、と咎めた。しかし、メストラルには勝算があった。
 勝負の結果、メストラルはビリーに勝ち、金を手に入れ、トゥミアと共に食料の調達に向かった。

第2幕編集

 「ワインが回っているんじゃないですか?」とトリップがトゥポルを茶化し、トゥポルは話を切り上げてしまおうとした。しかし、アーチャーが彼女を引き留め、2人はトゥミアたちの話の続きを聞いた。

 3人はどんな仕事もこなした。トゥミアはマギーのバーで、ストロンは水道管の修理、メストラルは炭鉱で、それぞれ働いた。

 しかし、そのまま数週間が過ぎ、ヴァルカン最高司令部に救難信号が届いていない可能性が日に日に高くなっていった。それと同時に、人間を避けることが難しくなっていった。

 まず、ストロンは水道管の修理をこなしていたものの、ギャレット夫人宅の水道管の修理が今週三度目であることをぼやき、さらに、その夫人の息子が彼のことをモーと呼んでくることに不満を持つ。

 メストラルは地球から帰れないという現実を受け入れ始め、既に任務を放棄しているような状況であり、地球のカルチャーに興味を持つ。彼はマギーや他の街の住民たちと親しくなっており、波形識別装置を取りに行く、と言いつつ、マギーと共に野球を見に行くような状況であり、その帰りの車の中でキスしていた。

 トゥミアは、そんな中でも故郷への帰還を諦めておらず、亜空間トランシーバーを作ろうとするも、ストロンに提案を却下されて挫折する。そして、地球のカルチャーにハマり始めているメストラルを諭すものの、彼女は、マギーの息子であるジャックの好奇心の強さに感化され、親しくなる。

第3幕編集

 数日後、メストラルが働いていた炭鉱で爆発事故が発生し、メストラルは素粒子銃を探しに墜落した宇宙船に戻った。トゥミアとストロンは文化汚染などの危険性から止めさせようとするが、メストラルは炭鉱夫たちを見捨てるつもりはなく、その様子から止めても無駄と悟ったストロンはその場を去り、トゥミアは、メストラルに付いていって、スキャナーで炭鉱の内部を調べ、通信機でその調査結果を逐一メストラルに伝えながら進んだ。

 トゥミアの通信に従って、メストラルは水晶の層になっている壁に行き着き、その壁に素粒子銃で穴を開けた。その先にいた作業員12名の救出に成功したメストラルはヒーローになった。

第4幕編集

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


背景編集


前エピソード
ENT: 暗黒からの衝撃波・後編
スタートレック:エンタープライズ
シーズン 2
次エピソード
ENT: 許されざる越境

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア