Wikia

Memory Alpha

DS9奪還作戦

トーク6
2,608 件の記事が
このウィキにあります
DS9奪還作戦
ドミニオン戦争中の戦闘
Federation fleet prepares to engage Dominion fleet.jpg
日時 2374年
場所 ベイジョー・セクター
結果 連邦連合軍の勝利
交戦陣営
連邦連合軍
惑星連邦
クリンゴン帝国
ドミニオン軍
ドミニオン
カーデシア連合
指揮官
ベンジャミン・シスコ大佐
マートク将軍
ウェイユン
ガルデュカット
投入兵力
627隻+クリンゴン艦隊(戦いの途中で参戦) 1、254隻
損失
不明 不明

 DS9奪還作戦(Operation Return)とは、ドミニオン軍及びその同盟軍であるカーデシア軍と、連邦連合軍に属する宇宙艦隊クリンゴン軍による戦いである。2374年に発生し、この戦いの目的は連邦連合軍による宇宙ステーションディープ・スペース・9」のドミニオン側からの奪還である。DS9はこの戦いから約5ヶ月前のドミニオン戦争における最初の戦いでドミニオン側に占領されており、アルファ宇宙域ガンマ宇宙域を結ぶベイジョー・ワームホールの位置するこのステーションの確保は、ドミニオン戦争において最重要拠点とされており、この戦いはこの戦争の中でも極めて重要な戦いの一つであると考えられている。

戦闘までの経緯編集

 ドミニオン戦争開戦時、連邦連合軍は初期の戦いにおける二回の勝利にも関わらず、ジェムハダーによる大規模な攻勢の前に連敗を続けた。攻撃・撤退の繰り返しで戦争はこう着状態となり、消耗戦となりつつあった。タイラ星系に対する第7艦隊の攻撃では、112隻の艦の内無事に帰還できたのが僅か14隻という状況であった。連邦連合軍の兵士達の士気は下がる一方であり、同盟国であるクリンゴン軍の戦士達ですら、この戦争に勝てないのではないかと思い始めるほどの状況であった。

 しかし、連邦連合軍にとって唯一の幸運はDS9撤退時にワームホールに敷設した機雷原が未だに稼働中であり、ドミニオン軍はそれらの撤去ができず、ガンマ宇宙域からの援軍をアルファ宇宙域に呼び入れることを阻止し続けていることであった。もしも、この機雷原がなければ連邦連合軍はもっと早い段階でドミニオンに敗北していたであろう。また、同時に宇宙艦隊DS9を撤退する際にステーションに大規模な破壊工作を実施したために、ドミニオン軍が駐留しても最初の数ヶ月は修理に忙殺され、ベイジョー・セクターの補給基地以上の役割を果たせなかったという状況も幸いしていた。

 この機雷原に対して、ドミニオン軍側もただ黙って見ていたわけではなかった。それらの機雷を無力化するための対策をカーデシア軍指揮官であるガルデュカットの副官であるグリンダマールが担当していた。そして、この解決は時間の問題であると彼らは考えていたのであった。

計画編集

Sisko outlines operation return

DS9奪還作戦の計画図

 この膠着状態を打破するために、ベンジャミン・シスコ大佐ウィリアム・ロス中将DS9を奪還し、ベイジョー・ワームホールの支配権を連邦連合軍が再び確保する必要性があることを痛感しており、ステーションを奪還するための計画を立てた。

 宇宙艦隊司令部に提示された計画では、第2艦隊第5艦隊第9艦隊の分隊から成る機動部隊を編成し、そこにクリンゴン軍の増援部隊を追加した大部隊でもってDS9奪還の為に大規模な攻勢をかけるというものであった。

 しかし、宇宙艦隊司令部及びクリンゴン帝国最高評議会では、この計画に対して懸念を表明した。この計画の為に、他の戦線から多数の艦を引き抜くこととなるため、その他の重要拠点の防御が手薄になってしまうという点である。艦隊司令部コバーン少将は、この計画を実行すると地球及びヴァルカンの防衛が手薄となり、ドミニオン軍DS9を犠牲にし、部隊を地球へ差し向けた際には防衛しきれない事を懸念した。これに対して、シスコ大佐は「アルファ宇宙域の重要拠点は地球ではなく、ワームホールなんです。そしてディープ・スペース・ナインを抑えた者がワームホールを手に入れる。」 と述べ、彼らを納得させた。だが、クリンゴン帝国ガウロン総裁はそれでもこの計画に難色を示しクリンゴン艦隊の派遣を拒否した。そのため、マートク将軍ウォーフ少佐を説得の為にクロノスへと派遣した。

急遽早まった作戦開始編集

Federation fleet departs Starbase 375

第375宇宙基地を出発する攻略艦隊

 DS9奪還作戦は立案から僅か5日後に急遽実施されることとなった。なぜなら、グリンダマールが機雷原に反重力子ビームを照射することで自己複製機能を止めることができ、機雷原の撤去ができるということを発見したのであった。そして、その情報をステーション内で活動するレジスタンスのキラ・ネリス及びジェイク・シスコクワークが入手し、中立国出身のモーン経由で宇宙艦隊まで届けられたためであった。この情報を宇宙艦隊が入手したときには、残り三日で機雷原は完全撤去されるという状況であった。

 しかし、この情報を受け取った時点では攻略部隊に予定の艦は62.7%しか揃っていなかった。合流予定の第9艦隊の到着予定は四日後であり、クリンゴン軍の増援部隊も見通しがまだついていない状況であった。だが、それらの到着を待っていてはワームホールの機雷による封鎖は解かれ、ガンマ宇宙域からの半永久的な援軍を招き、ドミニオンへの勝ち目が万に一つもなくなってしまうのは目に見えていた。シスコ大佐は不十分な戦力を承知で直ちに出撃を決意した。

 この動きはドミニオン側でも察知しており、ガルデュカットは前線から部隊を引き上げさせ、DS9防衛に充てた。

 宇宙艦隊の攻略部隊627隻がベイジョー・セクターへ接近したときにジェムハダー及びカーデシアの艦から成るドミニオン軍1,254隻が迎え撃った。実に2対1の数でドミニオン側が勝っていた。

 攻略部隊指揮官シスコ大佐はこう言った。

「古いことわざがある。『大胆さは運を呼ぶ』という。……一つ、試してみようじゃないか。」

戦闘編集

Galor class, weapons array, mid-dorsal

ドミニオン艦隊に対して攻撃を加える戦闘機部隊

 機雷原の排除まで8時間以内と迫る中、連邦艦隊は約二倍の戦力のドミニオン艦隊に対峙し圧倒的に不利な状況にあった。ドミニオン艦隊は進撃経路上に強固な防御陣形を組み、ガルデュカットは機雷原の排除が完了するまでの間、連邦艦隊をここで足止めする作戦を取った。

 シスコ大佐戦闘攻撃機小隊に対してカーデシア艦のみを狙って突撃させ、集中砲火を浴びせ直ちに脱出する様命令を下した。ジェムハダー艦は命令に従い決して陣形を乱さないが、カーデシア艦は挑発に乗って陣形を乱す可能性があるためであった。

 戦闘攻撃機隊は9回に渡り突撃を敢行し、第2及び第6駆逐艦部隊に援護射撃を行わせたところ、 カーデシア艦の2小隊が陣形を崩し、戦闘攻撃機隊を追い始めた。しかし、この作戦はガルデュカットには見抜かれており、それを逆手に取りわざと陣形を崩させ、その奥に配備されているガロア級駆逐艦によって罠にはめようとしたのである。

 シスコ大佐は敵が罠にはめようとわざと陣形を崩したのを見据えて、これを逆に好機と捉えこう述べた。

「だがチャンスでもある。次があるかどうかわからん。少尉、ギャラクシー部隊 9-1 と 9-3 に駆逐艦を攻撃するよう伝えろ。その他の全艦は開口部へ突進だ! 一機でも通り抜けたら、全速でディープ・スペース・9へ向かえ。」

 穴の開いた陣形の奥に配備されたガロア級駆逐艦をギャラクシー部隊9-1及び9-3に攻撃を命令し、穴の両側をそれらギャラクシー部隊に守らせその他の全艦でもって中央突破を図ったのである。

USS Sitak and USS Majestic hit

撃墜されるUSSマジェスティックとUSSシタック

 旗艦USSディファイアント(NX-74205)を先頭に全艦が開口部へ向けて突撃を開始した直後、直ちに乱戦が始まった。ドミニオン軍変調電磁パルスE-Mパルス)を出して連邦艦隊の通信を妨害し、連邦側に混乱を起こさせた。

 数で圧倒するドミニオン軍に対して連邦艦隊は徐々に追い詰められていった。艦隊内での通信が行えないために、的確な指示も攻撃の集中も不可能となっていた。多くの連邦艦ミランダ級エクセルシオ級など)が撃沈されていった。

Klingon fleet, Sacrifice of Angels

援軍に駆けつけたクリンゴン艦隊

 乱戦はおよそ二時間続き、戦いは連邦側にとってほぼ絶望的な状況であった。旗艦であるUSSディファイアント(NX-74205)ですら多大な被害を受けていた。

 しかし、突然新たな部隊が出現しドミニオン軍に対して攻撃を加えた。

 それはクリンゴン艦隊であった。ドミニオン艦隊の側面から攻撃を加えたクリンゴン艦隊ドミニオン軍の陣形を大幅に崩すことに成功した。マートク将軍ウォーフ少佐ガウロン総裁に援軍を出すよう説得に成功し、ヴォルチャ級及びバード・オブ・プレイによって編成される艦隊を遅れながらも派遣したのであった。そして、この援軍が戦況を逆転させ勝利への好機となったのであった。

 何とか戦場を抜けたディファイアントは、DS9へ向けて最大ワープで向かった。

 ガルデュカットはディファイアントの追跡を何故か命令せず、ステーションの防御システムで対抗することを選んだ。しかし、その間にクリンゴンの参戦の為ドミニオン軍の戦線が崩れ始めてもいたが、機雷原の破壊に絶対の自信を持っていたため、ガンマ宇宙域で待機している1,000隻以上のジェムハダーの援軍が到着すれば事態は好転すると考えていた。

 そして、遂に機雷自己複製機能の無力化を完了し、機雷原の破壊に成功した。ドミニオン軍は勝利への唯一の障害を遂に排除することに成功し、連邦は絶望的な状況に陥った。

 シスコ大佐はディファイアントでワーム・ホールへ突入し、反対側から向かってくる数1,000隻のジェムハダー艦に対してたった一艦で立ち向かった。

Dominion fleet disappears in wormhole

消滅するドミニオン艦隊

 ワームホールへ突入すると反対側の入り口からジェムハダー艦2,800隻が迫ってくるのを目撃した。しかし、その時預言者がシスコに接触してきた。預言者はシスコがこの戦いで死ぬことを良しとしなかった。そのため、シスコを預言者たちの世界へ呼び寄せたのであった。しかし、シスコは宇宙艦隊大佐としてドミニオンによるアルファ宇宙域征服を絶対に阻止しなければならない使命があることを預言者に訴え、自分をディファイアントへ戻すよう訴えたが、預言者たちはシスコが死ぬことを許さなかった。シスコは自分の人生に預言者が口を出す権利はないと訴えるも、預言者たちは権利ならあると言い、取り合わない。シスコは自分の人生に関わるのであれば、ワームホールを超えてやってくるジェムハダーを何とかしてくれと訴えた。しかし預言者たちは物質世界の事は自分たちには関係がないと取り合わないため、シスコは預言者たちに、かつて自分たちがベイジョーの神であると名乗ったのであれば、ベイジョーを守るのは当然だと訴えた。

 預言者たちはシスコに償いが必要であると伝え、シスコを戻した。そして、ディファイアントと対峙する2,800隻のジェムハダー艦は跡形もなく消え去ったのであった。

 DS9では、ワームホールから出てくるディファイアントに続いてジェムハダーの援軍が出てくるものと思っていたが、何の反応もなく、援軍2,800隻と共にガンマ宇宙域側の前哨基地すら消えていた。更に、戦闘地帯では防御線が破られ、200隻の連邦連合軍側の艦がDS9へ向けて進軍してきたのを探知した。DS9レジスタンスの破壊活動により、防衛設備も全く機能しない状態となってしまって、完全に無防備な状態となってしまった。

 事態の急変に鑑み、女性可変種は全軍に対してカーデシア領へ撤退するよう命令を発し、DS9駐留のドミニオン軍も撤退を開始した。

 こうして、最終的に預言者の助けを借りて連邦連合軍DS9奪還という目標を達成し、この戦いに勝利したのであった。  

その後編集

USS Venture and Excelsiors

宇宙艦隊が駐留するDS9

 この戦いは戦術的・戦略的にも連邦側の勝利となり、ガンマ宇宙域からのドミニオンの援軍を防ぐという目的も達成はされたが、戦争全体の戦局を見るとその勝利は小さなものであった。重要拠点であるDS9を奪還に成功はしたものの、その後の数週間でドミニオン軍は再び攻勢に戻り連邦側は更に追いつめられる格好となったのであった。

 しかし、宇宙艦隊はこの功績を讃え、ベンジャミン・シスコ大佐クリストファー・パイク勲章を授与したのであった。

参加艦艇編集

艦名 レジストリナンバー クラス 戦闘後の状況
USSケンタウロス NCC-42043 ケンタウロス型 不明
USSコルテス 不明 不明 生還
USSディファイアント(NX-74205) NX-74205 ディファイアント級 生還
USSフッド(NCC-42296) NCC-42296 エクセルシオ級 生還
USSマゼラン NCC-71820 ギャラクシー級 不明
USSマジェスティック NCC-31060 ミランダ級 撃沈
IKSロタラン 不明 クリンゴン・バード・オブ・プレイ 生還
USSサレク 不明 不明 不明
USSシタック 不明 ミランダ級 撃沈
USSトライアル NCC-1948 ミランダ級 生還
USSヴェンチャー NCC-71854 ギャラクシー級 生還
USSトリンキュロ NCC-71867 ギャラクシー級 生還

名称不明艦

付録編集

関連エピソード編集

注釈編集

背景編集

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア