Wikia

Memory Alpha

Dクラス

トーク0
2,586 件の記事が
このウィキにあります
Class D planet, Emanations

環をもったDクラス惑星

 Dクラス(class D)は惑星クラス分類の一つ。岩を主成分とした不毛な衛星や小惑星などがDクラスに当てはまる。誕生して20億から100億年程経っており、直径は100から1000km程。MクラスJクラスなどの、より大きな惑星の軌道を公転している場合がある。地表は不毛でクレーターが多く、大気は無いか非常に僅かで、生物は存在しないが、生物が生存出来る環境の場合もある。(Star Trek: Star Chartsスタートレック2:カーンの逆襲

 アンドリアンにはウェイターンと、ヴァルカンにはパーン・モカーと呼ばれていた惑星はDクラス惑星の例である。ウェイターンはテラフォーミング以前にDクラスであった。大きさはと同程度しかないと言われていた。(ENT:戦場の絆
 レギュラは「つまらない鉱物」がいくつかある「宇宙の大岩」と言われた小惑星だが、これもDクラスに属する。(スタートレック2:カーンの逆襲

 USSヴォイジャー2371年デルタ宇宙域で発見した環を持つ惑星もDクラスであった。その環には、内部にMクラス環境を有するほど大きい小惑星も含まれていた。(VOY:来世への旅

 2375年、USSヴォイジャーは亜空間のポケットに遭遇した。その中にはGタイプ恒星と3つの惑星からなる恒星系が存在しており、その惑星のひとつがDクラスであった。それは暑く、不毛で岩のごろごろした惑星だと言われた。(VOY:ブラックホールと共に消えた恋

Dクラスに属する惑星その他の天体編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア