Wikia

Memory Alpha

重力子

トーク0
2,586 件の記事が
このウィキにあります

 重力子(graviton)は素粒子の一つで、重力の相互作用を担うゲージ粒子である。重力子はまたボソンであり、質量は0、電荷は0、スピンは2、反粒子反重力子である。自然には恒星のように質量のある物体やワームホールから放出される。トラクター・ビーム構造維持フィールド慣性制動機宇宙船ディフレクター・シールド重力プレートまたは反重力等の様々な用途に使われる。

 重力子は20世紀地球の物理学者が量子重力理論を成り立たせるために存在を仮定したもので、20世紀の終わりまでには、ヴァルカン船やSSボタニー・ベイ等の地球船クリオジェニック・サテライト人工重力の発生に利用される様になっていた。(TOS:宇宙の帝王TNG:突然の訪問者ENT:スプートニクの飛んだ夜に

 24世紀宇宙艦隊宇宙艦は重力場やビームとして重力子を発生させる能力を持っていた。(TNG:浮遊機械都市ボーグ・前編VOY:遥かなる地球へ

様々な用途編集

自然現象編集

言及編集

付録編集

日本語訳編集

 『果てしなき疑惑』などでは「重力量子」という訳語が使われた。

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア