Wikia

Memory Alpha

連邦憲章

トーク0
2,587 件の記事が
このウィキにあります
Federation founding ceremony, 2161

2161年惑星連邦の原点となった惑星連合の憲章調印式

Federation Charter

USSヴォイジャーで参照される連邦憲章

 連邦憲章(Federation Charter)は、2161年に発足した後の惑星連邦へと発展する前身機関である惑星連合の加盟国によって批准された憲章である。正式には惑星連邦憲章であるが、一般的に連邦憲章と呼ばれる。ジョナサン・アーチャーはこの憲章の署名者の一人であった。(TNG:両性具有ジェナイ星人ENT:最終決戦最後のフロンティア

 2372年アコレム・ラーンデジャーラ制度と呼ばれる階級制度をベイジョー社会に復活させようとした時に、ベンジャミン・シスコ大佐は「階級に基づく差別は惑星連邦の規約に違反している、もしベイジョーがデジャーラに戻れば惑星連邦への加盟申請は却下されるでしょう」と語った。(DS9:選ばれし者の困惑

 ジュリアン・ベシアセクション31ルーサー・スローンからロミュラン永続委員会への新委員選出を妨げる為の計画を聞かされた時に「主権国家の内政に干渉するのは、連邦憲章で明確に禁じられてるはずだ。」と言って抗議した。(DS9:闇からの指令

 2377年、USSヴォイジャーヴォイドと呼ばれる異常空間に捕らわれた際に、キャスリン・ジェインウェイ艦長は同じ様に捕らわれた他の種族の艦と同盟を形成するための参考に連邦憲章を用いた。(VOY:略奪空間の怪人達

憲章の抜粋 編集

 憲章の一部の抜粋

惑星連邦憲章
"We the life forms of the United Federation of Planets determined to save succeeding generations from the scourge of war, and to reaffirm faith in the fundamental rights of sentient beings, in the dignity and worth of all life forms, in the equal rights of members of planetary systems large and small, and to establish conditions under which justice and respect for the obligations arising from treaties and other sources of interstellar law can be maintained, and to promote social progress and better standards of living on all worlds..."
Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア