Wikia

Memory Alpha

赤色超巨星

トーク0
2,565 件の記事が
このウィキにあります
Red supergiant, The naked now
赤色超巨星。
赤色巨星も参照。

 赤色超巨星(Red supergiant)は恒星の種類の一つで、質量太陽の10倍以上で半径も非常に大きく、燃料である水素を使い果たし外層でも核融合反応が起きている。

 2363年末から2364年SSツィオルコフスキーは6ヶ月間掛けて、赤色超巨星が重力崩壊を起こし白色矮星になる様子を観察した。(TNG:未知からの誘惑

 2153年エンタープライズ(NX-01)は質量と直径が非常に大きい極超巨星(ハイパー巨星)に地球の船では初めて10光年以内に近づいた。この極超巨星は100年から200年後には超新星になると予想された。(ENT:第3の性

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ