Wikia

Memory Alpha

艦長待機室

トーク0
2,566 件の記事が
このウィキにあります
Voyager's ready room
キャスリン・ジェインウェイの艦長待機室

 艦長待機室(Captain's ready room)とは、宇宙艦艦長のための専用のオフィスであり、通常はブリッジに併設されている。[1]

 艦長待機室では、ブリッジ・オペレーションに邪魔されずに業務をこなすことができる。また、艦長が部下等と個人的な議論を行ったり、極秘の会談を行う際にも都合の良い部屋でもある。

艦長待機室の例 編集

NX級 編集

Archer's ready room
ジョナサン・アーチャー大佐の船長待機室(2154年

 22世紀地球連合宇宙艦隊の宇宙船であるNX級の船長待機室は、ブリッジの右舷側に配置されており、ターボリフトの向いに位置していた。この時代の船長待機室は後の時代の宇宙艦隊の艦艇のものに比べると狭い部屋であり、天井は低く、梁やパイプなどが張り巡らされていた。

 エンタープライズ(NX-01)の船長待機室は軋み音が度々発生し、修理を重ねても再び発生するその騒音に、アーチャー船長は悩まされていた。(ENT:死のファースト・コンタクト謎の自律浮遊基地

 船長待機室の壁にはHMSエンタープライズUSSエンタープライズ(CVN-65)エンタープライズ(OV-101)及びNX-01の絵画が飾られており、船長の業務用のデスクと小さい寝椅子が備えられていた。ブリッジとの間には短い廊下がある。(ENT:クリンゴンの苦境

ギャラクシー級 編集

USS Enterprise-D ready room
ギャラクシー級の艦長待機室

 ギャラクシー級宇宙艦の艦長待機室は、ブリッジ左舷側の艦首側ターボリフトの隣のドアからアクセスできる場所に配置されていた。

 USSエンタープライズDジャン=リュック・ピカード大佐は、自身の艦長待機室内にシェークスピアイラスト全作品の他に、コンステレーション級宇宙艦の模型(NCC-7100)や帆船模型、彼の師であるリチャード・ガレン教授から譲渡されたネスコス像と、ペットの魚であるリビングストン等の装飾品が飾られていた。

Ready room window
ピカード艦長の艦長待機室

 その他にも、業務用のデスクの他にソファーや椅子が三脚、USSエンタープライズDの大きな絵画などもあり、フード・レプリケーターも備えられている。

 基本的なインテリアはエンタープライズDの就役期間中は変更されることはなかったが、2369年に一時的に同艦の艦長にエドワード・ジェリコ大佐が就任した際には、模様替えがされた。(TNG:戦闘種族カーデシア星人・前編後編

 艦長待機室の奥には専用のトイレも併設されている。(Star Trek: The Next Generation Technical Manual

Galaxy class battle bridge ready room
戦闘ブリッジの艦長待機室

 ギャラクシー級の戦闘ブリッジには専用の艦長待機室が併設されている。(TNG:未知への飛翔

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

付録編集

注釈編集

  1. 日本語吹き替え版では作戦室と訳された。またその他にも艦長室という呼称も用いられることがある。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ