Wikia

Memory Alpha

緊急用医療ホログラム

トーク5
2,599 件の記事が
このウィキにあります
EMHMarkI
EMH マークI (2373年)
EMHMarkII
EMH マークII (2374年)
「緊急事態の概要を述べたまえ」
EMH

 緊急用医療ホログラム(EMH: Emergency Medical Hologram)は宇宙暦48315、ジュピター・ステーションルイス・ジマーマンによって近代医学の具現化として設計され、2370年代に宇宙艦隊によって開発された精巧なホログラムで、24世紀後半にはほとんどの惑星連邦宇宙艦に配備されていた。EMHは緊急事態時に、医療室において、船の医療主任にかわり医療チームを指揮し補助するようにプログラムされている。また、宇宙ステーションに配備されたかは、確認されておらず、少なくともカーデシアのものであったディープ・スペース・9には配備されていない。(DS9:ジュリアンの秘密

 また、EMHプログラムの正式名称を "EMH Program AK-1 Diagnostic and Surgical Subroutine Omega-323" という。

 EMHは2000の医学知識と47の著名な医師の経験を兼ね備え、500万通りの医療処置の方法をプログラムされている。また、EMHは、非常時において一般医療士官の補助としての役割を学習し順応するように設計されている。

 しかし、Dr.クラッシャーのようなEMHを使用することに異議を唱える医療士官も少なからずおり、彼女はエンタープライズEボーグに同化されそうになったとき、医療スタッフや、リリー・スローンら患者を、医療室から逃がすために起動したのみである。(スタートレック:ファーストコンタクト

 マークI型のEMHは、USSヴォイジャーの医療スタッフの単なる代替品であったので、1500時間の起動が限界であった。そのためメモリーの劣化が生じた。しかし、幸運にもクルーの助けもかりて、この欠点を修正している。(VOY:ドクターのオーバーロード) このようなことから、24時間体制で勤務につけるような制限のないホログラムの開発が要求され、結果として2373年の中頃に長期用医療ホログラム(LMH: Long-term Medical Holographic program)の開発のための研究が始まっている。(DS9:ジュリアンの秘密

 2376年頃になると、EMHはマークI, II, III,IVの4タイプが確認されている。マークIの外見は設計者のDr.ジマーマンのものだが、プログラム自体が時代遅れになっていたために、マークIの欠点克服を目的としてすぐに マークII が開発された。しかし、同年中にはマークIIもマークIII,IVに置き換えられている。この更新はマークIIにどのような欠陥があったからなのかは、明らかにされていない。またマークIは、少なくとも678体造られ、675体が任務に合わせて再度環境設定されている。そのうち1体ずつがUSSヴォイジャー、USSイクワノックスにあり、USSヴォイジャーのEMHのバックアップ・プログラムがキリアンによって所持されている。(VOY:ジマーマン博士の屈辱VOY: 700年後の目撃者VOY: 異空生命体を呼ぶ者達・前編後編

 更に、バージョンアップされた EMH は マークI よりも感じがよく、礼儀正しくなるようにプログラムされ、外見も変化させている。加えて、ホログラム用のプロジェクターを艦内中に張り巡らせたUSSプロメテウス(NX-59650)のような新しい船の設計によって、EMHは最大限の移動性を獲得した。

 マークI からEMH マークIIが交換配備された後、完全なオリジナルのマークI 型ホログラムは、この時点でデルタ宇宙域にいるUSSヴォイジャーとUSSイクワノックスに配備されているものだけであった。

USSヴォイジャーのEMH編集

 USSヴォイジャーのEMHは、29世紀の技術であるモバイル・エミッタを手に入れたことで、医療室やホロデッキ以外の場所でも活動できるようになり、更には船のメインクルーが死亡など任務に支障をきたし、船の指揮が困難になったときのための緊急指揮系統として緊急用司令ホログラム(ECH: Emergency Command Hologram)のプランを独自につめるなど、7年間のアルファ宇宙域への帰還の旅で個別な人格への進化をとげた。

 ドクターのホログラムデータがロミュランに制圧されていたUSSプロメテウスに送られたとき、彼は、プロメテウスのEMH マークIIと共に、アドリブで船の奪還作戦を企てた。その方法は、船の環境制御装置を操作し船中に睡眠薬を充満させるというものだった。この当初の計画はロミュランに見破られ失敗に終わってしまったが、マークIIが機転を利かし、船全体にバイオハザードが発生したという偽の信号を流し、ロミュランを無力化することに成功し、プロメテウスを奪還している。

 その後、本来の目的であったデルタ宇宙域にいるUSSヴォイジャーの生存情報と日誌を艦隊司令部に届け、無事にUSSヴォイジャーに帰還している。このことをきっかけに司令部は、USSヴォイジャーのサルベージ計画を本格化した。(VOY:プロメテウスの灯を求めて

構造 編集

関連項目編集

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア