Wikia

Memory Alpha

第二次連邦・クリンゴン戦争

トーク0
2,599 件の記事が
このウィキにあります
第二次連邦・クリンゴン戦争
IKS NeghVar attack.jpg
日時 2372年から2373年
場所 連邦・クリンゴン国境
アーケイナス・セクター
ディープ・スペース・9
結果 キトマー条約再締結による停戦
マートク将軍が可変種であったことが判明
交戦陣営
惑星連邦 クリンゴン帝国
指揮官
ベンジャミン・シスコ大佐 ガウロン総裁
マートク将軍

 第二次連邦・クリンゴン戦争は、2372年から2373年の間に勃発した惑星連邦クリンゴン帝国による二度目の全面戦争である。単に連邦・クリンゴン戦争と呼ばれる場合もある。

予兆編集

 アルファ宇宙域の強国は、2370年代前半にガンマ宇宙域の侵略勢力であるドミニオンの脅威に直面していた。2371年、カーデシア連合は、オマリオン星雲の戦いにおける惨敗に続き、国内でのクーデターにより軍事政権が倒れ、それまでのカーデシア中央司令部による政権から、デタパ評議会による文民による政治形態へと移行した。
 しかし、このクーデターはドミニオンによって画策されたものだと判断したクリンゴン帝国総裁ガウロンは2372年前半にカーデシア侵攻を開始した。
 連邦評議会はクリンゴンによるカーデシア侵攻を非難し、それに加わることを拒否したため、ガウロンは連邦・クリンゴンの平和条約であるキトマー条約の破棄を通告した。その結果、80年以上続いた連邦とクリンゴン両国の平和的な関係は終焉を迎えることとなった。その後、クリンゴン帝国は連邦のみならずロミュラン帝国ベイジョーに対しても攻撃的な姿勢を示し、緊張が高まりつつあった。そして、2372年後半についにクリンゴン帝国は惑星連邦に対して先制攻撃を行った。(DS9:クリンゴンの暴挙

開戦編集

 ガウロン総裁が最も信頼を寄せる側近であるマートク将軍と入れ替わった創設者がガウロンを扇動し、ガウロンは惑星連邦に対して「10日以内にアーケイナス・セクターからの完全な撤退」を要求する最後通牒を突きつけた。この最後通牒により遂に惑星連邦とクリンゴン帝国の間で戦争が勃発した。(DS9:可変種の脅威 第二幕・前編
 ガウロンからのアーケイナス・セクター撤退の要求を惑星連邦側が拒否したことにより、クリンゴン軍は直ちに連邦への総攻撃を開始した。クリンゴン帝国はその持ちうるすべての軍事力を戦争に投入し、戦域は連邦・クリンゴン国境からアーケイナス、ベイジョー・セクターに至る広範囲なものとなった。戦況はクリンゴン軍が優勢で連邦は防戦一方であったが、宇宙艦隊はクリンゴンの侵攻を食い止めていた。
 オドー偉大なるつながりにいた時に得た情報から、創設者は連邦とクリンゴンの同盟を弱め互いに争わせるためにガウロンと入れ替わっていると確信した。そこで、ベンジャミン・シスコ大佐によって率いられた潜入チームがガウロンと入れ替わっている創設者の正体を暴くために、タイゴコールにあるクリンゴン軍の司令部に潜入した。しかしながら、実際にはガウロンではなくマートク将軍が創設者と入れ替わっており、創設者はオドーを利用して連邦とクリンゴンの関係をより一層悪化させようとしていたことが判明した。事実が発覚したため、ガウロンはクリンゴン最高評議会に連邦との停戦を納得させ、事実上の停戦を迎えた。(DS9:可変種の脅威 第二幕・後編

 しかし、停戦は数週間後には撤回されガナルダ4号星の報復として戦闘が再開され、アジロン・プライムへの攻撃が始まった。アジロンの救援として派遣されたUSSファラガットランバタ星団の近くでクリンゴン軍により撃墜された。また、宇宙艦隊は占領されたアーケイナスを奪還するためにUSSテカムセUSSラトリッジを含む機動部隊を派遣した。(DS9:戦う勇気
 それから6ヵ月後にカーデシア連合はドミニオンに加わった。ガウロン総裁はドミニオンに対抗するため、連邦とのキトマー条約の再調印を行った。そして、連邦とクリンゴンの戦争は終結した。(DS9:敗れざる者・後編

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア