Wikia

Memory Alpha

第二次世界大戦

トーク0
2,594 件の記事が
このウィキにあります
Airplanes, Timestream

ハインケル He111

 第二次世界大戦(World War II)は1939年から1945年にかけて地球の様々な民族国家が交戦した、20世紀の二度目の世界規模の紛争であった。主な交戦国は連合国陣営のアメリカ合衆国イギリスソビエト連邦中国オーストラリアベルギーカナダポーランド及びフランスと枢軸国陣営のドイツイタリア及び大日本帝国及びナチ支配下の国々であった。
 ジョナサン・アーチャーは改変された時間軸が回復する際に、ドイツのハインケル111空挺部隊を含む第二次世界大戦のいくつかの場面がタイム・ストリーム上に流れているのを目撃した。(ENT:時間冷戦・後編
 ドイツ首相であり東側の戦争の主要な侵略者であったアドルフ・ヒトラー1938年に他国への侵略を正当化して「We need breathing room」と述べた。(スタートレック6:未知の世界
 当初米国は中立の立場であったが、日本軍が真珠湾に奇襲攻撃を行ったことにより第二次世界大戦に参戦することになった。(TNG:宿敵! ロミュラン帝国VOY:ミッシング1937DS9:夢、遥かなる地にて
 ジャン=リュック・ピカードディクソン・ヒルホロデッキ・プログラムの中で第二次世界大戦について、災難ではあったが同時に20世紀後半のアメリカ文化に大きな影響をもたらし、アメリカを世界強国へとのし上げる結果となったと述べた。また、この戦争は技術的な躍進のきっかけとなり、ロケット工学と核分裂研究は24世紀に至るまでの技術進歩の原点であるとした。(TNG:魅せられて

Parachutes, Timestream

降下する空挺部隊

 ヒロージェンによって拿捕されたUSSヴォイジャーは艦内のホロデッキの一つに第二次世界大戦当時の1944年が再現され、連合軍によるフランス侵攻戦がシミュレートされた。(VOY:史上最大の殺戮ゲーム・前編史上最大の殺戮ゲーム・後編
 アメリカの陸軍将軍であったダグラス・マッカーサーは日本の降伏文書調印に際しこう述べた。

『今日、銃は沈黙した。悲劇は終わった。敗北も、勝利も…我々は経験した。その両方から学んだ。戻ることはできない。我々は、この自由と平和を守るために前進するしかない。』

 この演説はドミニオン戦争終結に際してウィリアム・ロス提督によって400年後に引用された。(DS9:終わりなきはじまり
 第二次世界大戦の終結後すぐに、冷戦が始まった。(DS9:フェレンギ人囚わるドクター・ノア

別の時間軸 編集

時間冷戦編集

 別の時間軸の一つの可能性の歴史では、ナクールナチス・ドイツを支援し、ドイツが第二次大戦で勝利を収めつつあった。1916年にはナチ党に対する共産党員の脅威を排除するためにウラジーミル・レーニンの暗殺をも支援した。
 この時間軸のドイツは順調に進軍し、英国、アメリカ北東部、モスクワを含めたロシアの一部及びカナダ東部にまで及んだ。アメリカ軍は中西部への撤退を余儀なくされ、その結果ニューヨークはナチ占領下に置かれ、ブルックリン橋は難民であふれることになった。ドイツ軍は更にブルックリンのフラットブッシュ通りを進みヴァージニアのワシントンDCをも占拠した。
 しかしながら、一部のドイツ軍将校は「前線は危険なほど手薄で、補給路は常にレジスタンスの攻撃にさらされている。大勢が感じ始めている、急激に拡大しすぎたとな!」と判断していた。また、アメリカ軍による反撃の予兆やアフリカでの前線後退、ロシア軍によるモスクワ奪回の動きは重大な懸念事項でもあった。

 2154年エンタープライズ(NX-01)のクルーらによるズィンディ超兵器の破壊の後に、地球への帰還を試みたトラヴィス・メイウェザー少尉チャールズ・タッカー三世中佐サンフランシスコ上空でP-51マスタングによる迎撃を受け、エンタープライズが第二次世界大戦の頃の地球へタイムスリップしていることに気付いた。彼らはナチス・ドイツに協力し歴史を変えたヴォスクがニューヨークのブルックリン橋近くに建造中であったタイムマシンを破壊することによってこの改変された時間軸を終わらせた。この出来事は時間冷戦の一つの出来事であった。(ENT:時間冷戦・前編時間冷戦・後編

第二次世界大戦と永遠の守護者編集

 更に別の時間軸ではアメリカの参戦の遅れが第二次大戦をドイツの勝利へとつながった歴史も存在した。これは23世紀からタイムトラベルしたレナード・マッコイによるエディス・キーラーの死を防ぐという行動によって引き起こされた時間軸であった。
 キーラーは反戦活動家であり、彼女の行動主義はアメリカは第二次世界大戦には参戦しないというものであった。キーラーはアメリカが連合軍に加わらず、戦争の拡大に寄与しないことを求める平和運動を組織し、ルーズベルト大統領と面会した。結果、ドイツは世界初の原子爆弾を最初に開発することに成功し、この兵器を有効に用いることができるV2ロケットを使用し世界征服を実現した。
 本来の歴史ではキーラーは交通事故死し、アメリカの参戦は達成されるはずであったが、マッコイによって彼女の交通事故死が防がれたことによってこの時間軸が発生した。永遠の守護者によって過去に遡ったジェイムズ・T・カークスポックはマッコイが歴史の修正に関与することを防ぎ、乱れた時間軸を修正することによって本来の歴史が復活した。(TOS:危険な過去への旅

背景 編集

A large number of Star Trek original series writers, actors, and producers served as veterans of the Second World War. Among these were Gene Roddenberry, James Doohan, DeForest Kelley, Mark Lenard, and Matt Jefferies.

In Bread and Circuses, Spock states that eleven million people died in World War II. This, however, severely contradicts current data, which places the death toll anywhere from a low of twenty million (if only military is counted) to a high of over seventy million (if military and civilians are counted). Most counts settle on around fifty million or so.

Spock may have been referring solely to civilian casualties as a result of "slavery" and "despotism" rather than the total war itself. 11 million is a number frequently given for civilian deaths solely from Nazi policies. This might explain the six million figure he gave for World War I, too, as that is about an average (slightly on the low side) estimate of civilian deaths out of a World War I total of about sixteen million.

World War II was mentioned in the shooting script of The Way of the Warrior. In the scene, Miles O'Brien talks to Kira Nerys about his new holoprogram based on the Battle of Britain. Major Kira was not familiar with the war.

外部リンク 編集


地球の戦争

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア