Wikia

Memory Alpha

科学士官

トーク0
2,587 件の記事が
このウィキにあります

科学士官(Science officer)とは、あらゆる種類の科学的調査や任務を遂行する為のスペシャリストの士官である。宇宙艦での任務上、それが科学調査任務であろうと戦術任務であろうとも、宇宙で発生する様々な事態への対応等の為に専門的な知識を有する科学士官が配置されるのは一般的なことであり、クリンゴンの戦艦でも科学士官を配置していた。
 科学士官は、説明できないような事象を観測検証し、理論付けることが必要とされる。22世紀から23世紀にはセンサーの取扱が主な任務ともなっていた。

科学士官一覧編集

2368年、ジャン=リュック・ピカード大佐は艦の緊急事態においてジェイ・ゴードン・グラーズを科学士官代理にした。(TNG:エンタープライズ・パニック) 2369年、ビバリー・クラッシャー艦長代理はテイト少尉を短期的にブリッジの科学士官に指名した。(TNG:ボーグ変質の謎・後編

付録編集

注釈編集

  1. データはUSSエンタープライズDのオペレーション士官であり、科学士官と呼ばれたのは一回のみである。のちにスヴェンソンが科学士官と述べられているので、データはその単にその仕事をしていただけと思われる。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア