Wikia

Memory Alpha

火星防衛圏

トーク0
2,586 件の記事が
このウィキにあります
MarsDefensePerimeter

火星防衛圏より発進した三隻の突撃艇。(2367年)

 火星防衛圏(Mars Defense Perimeter)は、太陽系の内惑星、主に地球を防衛するための宇宙艦隊惑星防衛システムの一部である。

 2367年初頭のボーグによる第一次太陽系侵攻時、木星火星の間の惑星防衛圏を横切ったボーグ・キューブに対して三隻の突撃艇が攻撃を加えた。しかしものの数秒でこれらの船は破壊され防衛圏は突破された。(TNG:浮遊機械都市ボーグ・後編

 2368年、この突撃艇と同じタイプの船が廃船デポZ15(Surplus Depot Z15)の艦船廃棄場(ship graveyard)に置かれていた。

背景編集

 火星防衛圏でボーグに攻撃を加えた突撃艇は『浮遊機械都市ボーグ・後編』の脚本では "unmanned pods"(無人ポッド)と書かれている。

 またこの突撃艇には、映画『レッド・オクトーバーを追え!』に登場したソ連のタイフーン級潜水艦とアメリカのロサンゼルス級潜水艦のモデルを組み合わせたモデルが使用された。製作者側がつけたこのモデルのニックネームは「ブルー・グレイ・オクトーバー」であったという。(スタートレック大研究Ⅲ) 詳細はスタジオ・モデル(TNG)を参照。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア