Wikia

Memory Alpha

恒星

トーク0
2,600 件の記事が
このウィキにあります
Sol

恒星

 恒星(star)は主に水素ヘリウム核融合反応で大量のエネルギーを生成して自ら輝く、プラズマガスで構成された天体。太陽も恒星の一つである。(太陽人類のホームワールドである太陽系の恒星の固有名詞である。また太陽系以外の恒星の事も太陽(sun)と呼ぶ事がある。)恒星系と呼ばれる恒星の周囲の領域は惑星衛星彗星小惑星が恒星の重力によって纏まっている。

 恒星の分類法としては表面温度や明るさで区分する恒星分類がある。

恒星の一生編集

形成編集

 恒星は巨大なガスの集まりである星雲内の密度の高い中心部から生まれ、重力によってゆっくり物質が集まり質量が増加して更に重力が大きくなり原始星になる。原始星の内部の圧力が上がると密度と温度が上がり原子内の原子核電子が互いに分かれガスがプラズマに変わる。中心核が充分な温度と圧力に達すると核融合が始まり光を放ち始め恒星が誕生する。

Risan sunset

ライサの2つの恒星

恒星の進化編集

 恒星は年齢によって様々な異なる元素で構成されている。

 若い恒星は主に水素から成り立っており、水素はヘリウムに変換されて行きその為時間と大量にエネルギー生成されると共に恒星のヘリウムの比率が増える。生成されたエネルギーは恒星の外側へ放射の形で圧力を作り恒星が自らの重力で崩壊するのを防いでいる。

 恒星が年老いて行くと水素のような軽い元素が減りより重いヘリウムのような元素を使い核融合を行いより多くのエネルギーを放出する、恒星は外側に残っている水素でも核融合が起き恒星が膨張し表面積が増える、この段階は恒星の終わりの始まりを表している。

 大きな表面積の為恒星は表面の温度が下がり赤色になり赤色巨星と呼ばれる。その後恒星の軽い元素が尽きて核融合反応の数が減少し自らの重力が原因で重力崩壊を起こし外層の物質を外部に放出して、美しい「惑星状星雲」を形作る。恒星の中心部の残骸は白色矮星と呼ばれる。

 全ての恒星は進化のこの段階を通る。しかしながら質量によって恒星の経験する事は幾つかのパターンに分かれる。

 太陽質量の約1割以下では核融合反応を持続できない褐色矮星で自らの重力で数千億年かけ位置エネルギーを熱エネルギーに変えながら暗くなっていき黒色矮星になる。

 褐色矮星より重く、太陽質量の約5割までの赤色矮星は核融合反応が遅く数兆年で燃料の水素を使い果たしヘリウム型の白色矮星になる。その為現在の宇宙にはヘリウム型の白色矮星は存在しない。

 太陽質量の1.5倍以下までは10-100億年後に水素を使い果たし外層が膨張し赤色の赤色巨星になりヘリウムが炭素になり膨張し中心で核融合反応が進み窒素酸素と使いこの辺りの元素で核融合反応が終わり白色矮星となりその内部の核融合反応も最終的に終わり"黒色矮星"と呼ばれるとても小さな天体の死体になる。

 太陽質量の1.5倍以上ではネオンマグネシウム珪素まで核融合が続く。全てが鉄に変わると重力で収縮し中心温度が約100億度になると鉄の吸熱反応で内部の圧力が下がりその反動で恒星は超新星化し爆発を起こして巨大な衝撃波を作り出し、恒星の外層は外部に吹き飛ばされる。残骸は広大な物質星雲ととても小さく高密度の中性子星が残る。中性子星は陽子電子が中性の中性子になっており特に特別な中性子星はパルサーと呼ばれる。

 恒星の見かけの明るさは視等級や写真等級で表される。恒星本来の明るさは絶対等級で表される。

恒星の各部編集

恒星の種類編集

恒星の種類については、恒星分類を参照。

関連項目編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア