ウィキア

Memory Alpha

宇宙艦隊保安部

トーク0
2,665 件の記事が
このウィキにあります

宇宙艦隊保安部(Starfleet Security)は、宇宙艦隊の警備を担う機関である。

22世紀編集

Collins (Commander)

コリンズ中佐

 2150年代前半、地球連合宇宙艦隊の宇宙艦隊保安部は太陽系セクター地球に少なくとも一つの機関を有していた。

 ハリスは、2149年まで宇宙艦隊保安部に所属していた。その後彼の消息は不明となった。(ENT: 優生クリンゴン) コリンズ中佐2154年当時、宇宙艦隊保安部に所属する保安士官であった。彼女はフロックスサンフランシスコマダム・チャンのマンダリン・カフェの外で何者かに誘拐された際に調査を行い、イオン化残留物とDNAを発見した。(ENT: クリンゴンの苦境

24世紀編集

Thomas Henry

トーマス・ヘンリー中将

 2367年トーマス・ヘンリー中将宇宙艦隊保安部長であった。ヘンリー中将はノラ・サティ少将USSエンタープライズD上で根拠のない「魔女狩り裁判」を行った際に、彼女を解任して直ちに不当な裁判を中止させた。(TNG: 疑惑) 2370年までには、宇宙艦隊保安部のレイナー大将は宇宙艦隊保安部長を務めていた。(TNG: 難破船ペガサスの秘密

 2369年ガンマ宇宙域へのデューテリウム出荷を警備するために宇宙艦隊保安部のジョージ・プリミン大尉ディープ・スペース・9へ派遣された。(DS9: 宇宙囚人"バンティカ"

 宇宙艦隊保安部は定期的に犯罪活動レポートオドーへ送っていた。(DS9: 可変種の定め

 同年、連邦のクラジェンスキー大使が行方不明になった事件を調査した保安部は、大使は休暇でライサへ向かう途中でドミニオンに誘拐され殺されたと結論付けた。(DS9: 忍び寄る可変種の脅威

Sisko, head of security

保安責任者となったベンジャミン・シスコ

 非常事態が発生した際には、惑星の保安体制構築のために臨時で宇宙艦隊士官が保安責任者に割り当てられる。2372年レイトン中将は可変種が宇宙艦隊の中枢に潜入している状況を重く見て、地球の保安責任者としてベンジャミン・シスコ大佐を割り当てた。その任務中、レイトンがアントワープ会議での爆破事件をきっかけとして軍部が権力を握れるように画策し、ドミニオンの脅威が地球にまで及んでいるように見せかけていたことをシスコはつかんだ。そこでシスコはレイトンの陰謀を暴いて失脚させ、ディープ・スペース・9での任務へと戻った。(DS9: 地球戒厳令・前編地球戒厳令・後編

 2375年前半、ベンジャミン・シスコがパー・レイス・カルトメンバーによる暗殺未遂に遭った後に、彼は艦隊保安部に詳細を報告した。(DS9: 砂漠からの呼び声

保安士官編集

関連項目編集

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア