Wikia

Memory Alpha

宇宙

トーク1
2,608 件の記事が
このウィキにあります
宇宙空間については空間を参照。

 宇宙(universe)はコスモス(cosmos)とも呼ばれる。全ての物質エネルギー及び空間として存在し、宇宙の法則は時間に従っている。我々の時空連続体重力によって集まった銀河として知られる恒星の集団で満たされている。

 我々の宇宙の全物質はメーガンの並行宇宙からクリエーション・ポイントを通り抜けた物が起源だった。クリエーション・ポイントは2次元面の間の活動している出入り口で、メーガンの宇宙では魔法は思考で現実を制御する自然に従った有り触れた能力の1つだった。(TAS:魔星メーガスの半獣人

 宇宙は科学者がビッグ・バンと呼ぶ瞬間的な膨張によって形作られた。ビッグ・バンはオメガ分子が不安定になった事が原因で起きたと推論された。(VOY:Q1、Q2VOY: 戦慄!オメガ破壊指令) USSヴォイジャーのある技術士官は宇宙は160億年歳と述べた。[1]VOY:自立への旅

 ジャックは我々の宇宙は60から70兆年後には自ら崩壊すると予測した。宇宙は膨張を続けるには重た過ぎ、ジャックは亜空間フィールドジェネレーターで巨大な球形グリッドを使って宇宙の質量を減らし宇宙定数を変化させる事が出来ると述べた。(DS9:愛に目覚める者

 我々の宇宙は様々な種類の平行宇宙の1つで、ワープ・バブル内部の個人の思考によって新しい宇宙が形成される事がある。ドクタービバリー・クラッシャーは縮んで行くワープ・バブルに捕らわれた間コンピュータに宇宙の定義を訊ね「宇宙は直径705mの回転楕円体領域」と答えが返って来て、宇宙の端へのスキャンでここが質量エネルギー・フィールドである事が分かった。(TNG:恐怖のワープ・バブル

 2364年旅人は偶然にもUSSエンタープライズ(NCC-1701-D)天の川銀河から10億光年以上離れた場所に移動させてしまい、そこでは思考が現実になる領域で宇宙の縁だと思われた。(TNG:宇宙の果てから来た男

付録編集

関連項目編集

注釈編集

  1. 現在の現実の科学では137億年と示された。

Background information 編集

Memory Alpha uses the terms "Prime timeline", "Prime reality", and "Prime universe" to describe the main or original timeline of events depicted in the various Star Trek episodes and movies prior to the 2009年 movie スター・トレック, where an alternate reality was created. The term "Prime" is derived from the film's credits, where the character played by Leonard Nimoy was disambiguated from Zachary Quinto's Spock as "Spock Prime". Roberto Orci said about the alternate timeline that they "think of it is [sic] as identical to the original until Nero arrives." [1]

外部リンク編集

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア