Wikia

Memory Alpha

地球・土星間探査

トーク0
2,603 件の記事が
このウィキにあります
Saturn mission patch

"First To Saturn"。クリストファー、フォンタナ、オハーリー。

 地球・土星間探査(Earth-Saturn probe)は21世紀初頭に行われた人類初の地球土星探査ミッションである。

 この探査はショーン・ジェフリー・クリストファー大佐指揮の下に行われ、他にもフォンタナオハーリーを含むクルーが参加していた。

 USSエンタープライズ(NCC-1701)タイムトラベル1969年を訪れ偶然ジョン・クリストファー大佐に干渉してしまった後、ジョン・クリストファーを地球に帰還させないと彼の子であるショーン・ジェフリー・クリストファーは誕生せず未来が予測不可能に変化してしまうので、彼を地球に帰す方法を探さねばならなくなった。(TOS:宇宙暦元年7・21

 22世紀、地球・土星間探査のアサイメント・パッチが他のアサイメント・パッチと共に602クラブに飾られていた。(ENT:運命の飛行

背景編集

  • Star Trek Chronology』によると、地球・土星間探査はエンタープライズがジョン・クリストファーに遭遇してから40年が経過した2009年に行われた。
  • 一方、より古い解説本『Star Trek Spaceflight Chronology』によると、地球・土星間探査は2020年にAventeur級宇宙船UNSS Lewis and Clarkによって行われた。2008年に地球軌道上で建造され動力にはクリーンな核分裂反応を用いており、全長125メートルで3人の士官と12人のクルーの他94人が乗船出来る容量があった。同型船が2014年に人類初の木星探査に使われた。土星への航海は81日に渡り、地質調査では土星の第2、第4衛星で過去に採掘が行われた痕跡を発見した。それはレーザーで切った様な鉱床の垂直坑や露天採鉱の痕跡で、これは地球外知的生命体の存在を示す最初の痕跡だった。(Star Trek Spaceflight Chronology) しかしながら2032年までに地球外知的生命体の存在を示す痕跡は発見されていなかった。(VOY:電磁空間アレース4

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア