Wikia

Memory Alpha

先任大佐

トーク0
2,598 件の記事が
このウィキにあります
Garth

ガース先任大佐

FleetCapt

先任大佐の階級章

 先任大佐(fleet captain)とは、通常の大佐階級よりも高い地位を与えられた大佐を指す。場合によっては准将よりも高い権限を有することもある。宇宙艦隊では艦隊大佐と呼称される場合もある。

軍事的運用編集

 宇宙艦の艦長は大佐階級が勤め、艦隊行動を取る際には通常は将官が艦隊指揮官として艦隊の指揮を行うが、将官が不在の場合などは構成艦の中で最先任の大佐が先任大佐として艦隊の指揮を取る場合がある。先任士官と同様の運用が行われる際に先任大佐という役職が採用される。 その中での最先任の大佐である。

宇宙艦隊での運用編集

 宇宙艦隊では、明確に先任大佐という役職が存在しているが、これは通常の階級システムの中の階級の一つではなく、名誉階級という意味合いが強いものである。
 USSエンタープライズ(NCC-1701-A)上級士官には、ジェイムズ・T・カーク大佐とスポック大佐、モンゴメリー・スコット大佐の三名の大佐がいたが、その中で先任であるカーク大佐が艦の第一の指揮権を有し、次席のスポック大佐が第二の指揮権を有していた。そして、末席のスコット大佐が第三の指揮権を有していた。(スタートレック6:未知の世界

宇宙艦隊での実例編集

 2264年クリストファー・パイク大佐ジェイムズ・T・カーク大佐へUSSエンタープライズの指揮権を移譲した後に先任大佐に昇進した。その後、Jクラス宇宙船で訓練飛行に出ていたが、制御盤の故障によりデルタ放射線にさらされ重度の障害を患った。(TOS:タロス星の幻怪人・前編

 2260年代の先任大佐として、アグザナの戦いの英雄であり、最も叙勲されたガース大佐がいた。(TOS:宇宙の精神病院

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア