Wikia

Memory Alpha

ワープ・ファクター

トーク2
2,586 件の記事が
このウィキにあります
Warp field dynamics monitor

ワープ・ファクターに対する速度および諸量のグラフ。(NX級ワープ5エンジン

 ワープ・ファクター(Warp factor)もしくはワープ係数とは、ワープ速度の大きさを表す数である。速度を指定する際には「ワープ・ファクター・5(ファイブ)」または縮めて「ワープ5」のように言い表す。ワープ・ファクターはワープ1=光速を基点としており、ワープ・ドライブにおける因子(ファクター)とワープ速度の関連性に基づいて、因子と速度を同時に表現する。また光速に達しない亜光速速度を、ワープ0.8といった小数で示す場合もある。ワープ・ファクターはその定義が改定されることもあり、24世紀においてはワープ10は到達不能速度(無限速度)と設定されている。

 なおトランスワープ速度は通常のワープ・ファクターで表現することができない。

ワープ係数と実速度編集

 24世紀におけるワープ・ファクターは、船体を包むワープ・フィールド次数をワープ・ファクターとしている。すなわち、ワープ・フィールドが1枚ならワープ1、5枚ならワープ5である。ワープ9までは係数の10/3乗ずつ速度が増していく。ワープ・フィールドは第9次までしか張ることができないため、ワープ10に達することはできない。

     1                 1                   光速と同じ
     2                 10
     3                 39
     4                 102
     5                 214                 ヘカラス条約制限速度
     6                 392
     7                 656
     8                 1024
     9                 1516
     9.2               1649
     9.6               1909                USSエンタープライズD最大速度
     9.9               3053
     9.975             5754                USSヴォイジャー最大速度
     9.99              7912                ボーグ・キューブ最大速度(通常ワープ)
     9.9997            198696              亜空間通信速度
     9.9999            199516              亜空間通信速度(ブースターリレー使用時)
     10                 ∞                 到達不可能


 21~23世紀におけるワープ・ファクターは、係数の3乗ずつ速度が増していく。[1]

    1                1                  光速と同じ
     1.4              2.7                22世紀地球輸送船最大速度
     2                8
     2.5              15.6               NXベータ到達速度
     3                27                 NXデルタ到達速度
     4                64
     4.5              91
     5                125                エンタープライズNX-01最大速度
     5.2              141                エンタープライズNX-01最大到達速度
     6                216
     7                343                22世紀ヴァルカン船最大速度
     8                512
     9                729                USSエンタープライズ(NCC-1701)最大速度
     9.4              831                USSエクセルシオ最大速度
     10               1000
     11               1331
     12               1728
     13               2197
     14               2744
     14.1             2803               USSエンタープライズ(NCC-1701)最大到達速度

ワープ10編集

 24世紀におけるワープ10とは無限大の速度であり、理論的に不可能である。この宇宙においてはワープ・フィールドは第9次までしか張ることはできないのである。

 ただUSSヴォイジャーデルタ宇宙域において特殊なダイリチウムを発見し、シャトルを実験艦にして強引に第10次目のワープ・フィールドを張ることに成功した。しかしながらこの実験により無限の速度を体験したトム・パリスは、生物的進化過程が急速に早まり、数日で巨大なトカゲのような姿になってしまった。(VOY:限界速度ワープ10

ワープ10以降編集

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

付録編集

関係項目編集

背景編集

『宇宙大作戦』時代のワープ・ファクター編集

『新スタートレック』時代のワープ・ファクター編集

『スタートレック:エンタープライズ』時代のワープ・ファクター編集

新時間軸でのワープ・ファクター編集

USS Enterprise (alternate reality) at warp

スター・トレックにおけるUSSエンタープライズのワープ

 『スター・トレック』で描かれた新時間軸では、USSエンタープライズ地球からヴァルカン星までを最大ワープで航行した。背景情報[1]によると、これはワープ・ファクター8だということになる。エンタープライズが最大ワープを開始した直後、パイク大佐チェコフ少尉にクルーへ向けて任務のアナウンスをするよう命じた。その放送の終わりに、チェコフは船が3分以内にヴァルカン星に到着すると言った。『亜量子転送』によればヴァルカン星は地球から16光年とちょっとの距離に位置している。

注釈編集

  1. このワープ・ファクターの詳細は不明であるが、ワープ・コイルの大きさに何らかの関係があると思われる。

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア