Wikia

Memory Alpha

ワープ・サイン

トーク0
2,602 件の記事が
このウィキにあります

ワープ・サイン(Warp signature)とは宇宙船ワープで通過したあとの宇宙空間に残される変化(亜空間が宇宙空間を通過した痕)である。ワープ痕跡と呼称される場合もある。

 ワープ・サインは宇宙艦センサーによって簡単に感知できる。サインはワープ・エンジンの違いにより差が出るため、艦種や種族を知るのひとつの指標にも使われる。もしサインがデータベースにあるものと一致すれば、それがどの勢力の宇宙船であるかを突き止められる。

使用例編集

 2154年ヴァルカン宇宙艦アンドリアを惑わすためにアンドリア星系でワープ・サインを偽装した。(ENT:バルカンの夜明け

 2373年ベンジャミン・シスコマイケル・エディングトンは数隻のドミニオン艦から逃れるため、ランナバウトプラズマ・フィラメントのワープ・サインをバッドランドで分散させた。(DS9:最後のテロリスト

 2374年ゲルノンジェムハダー戦闘機亜空間圧縮現象を利用してワープ・サインを消し、その現象を調査していたUSSディファイアント(NX-74205)に突然攻撃をしかけた。(DS9:ルビコンの奇跡

 同年、第一次チントカ星系の戦いにおいて、USSディファイアントはカーデシアエネルギー発生装置連邦のワープ・サインを持たせることに成功し、これによって軌道武器プラットフォームは自身の動力源に対して攻撃をした。(DS9:決意の代償

 ヒロージェン艦は特徴的な二環式ワープ・サインを示すことが知られている。(VOY:超獣生命体VS狩猟星人

 2378年ドクターはリサイタルにおいてワルツ『美しく青きドナウ』を歌った。彼とジェインウェイ艦長ヒエラルキーの亡命者に拉致されたとき、ドクターはワルツの録音を変更して音程を狂わせた。セブン・オブ・ナインはフーリエ解析を行うことによってドクターが曲の和音に手を加えてワープ・サインを模倣したことを発見し、USSヴォイジャーはヒエラルキーの艦を追跡することが出来た。(VOY:偽りのクルー

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア