Wikia

Memory Alpha

ワープ・コイル

トーク0
2,608 件の記事が
このウィキにあります
Galaxy class nacelle tube (interior)

ワープ・コイルが並ぶ ギャラクシー級のワープ・ナセル内部

Shuttle removes warpcoil

ワープ・コイルの交換作業を行うシャトルクラフト

 ワープ・コイル(Warp coil)は、宇宙艦ワープ・ドライブを構成する重要な部位の一つである。ワープ・エンジン・ナセルの内部に組み込まれたコイルが、ワープ・コアで生成されたプラズマを受け取ることでワープ・フィールドを作り出し、超光速での航行を可能にする。

 通常、ワープ・コイルは、高密度タングステン=コバルト=マグネシウムの核と、それを包み込む、成型されたヴァーテリウム・コルテナイドより成っており、単体では、楕円状の環を横にして上下に切り離した形をしている。[1]
 これを上下に向かい合わせたものを1対とし、その隙間はフィールド解放ギャップと呼ばれる。

 USSエンタープライズDでは、左右のワープ・ナセルにそれぞれ18対のワープ・コイルを搭載しており、その総重量は約1,230,000t、これは艦全体の重量のおよそ4分の1を占める。

 2155年鏡像世界では、タッカー中佐がUSSディファイアント(NCC-1764)に遭遇したとき、この船のワープ・コイルの大きさなら、ワープ7を超える速度で飛ぶことが可能だ、と述べていた。(ENT:暗黒の地球帝国・後編

 ウェスリー・クラッシャーは、「僕の最初の友達は、ワープ・コイルだった」と述懐したことがある。(TNG:エイリアン・ゲーム

 ウィリアム・ライカーは、ワープ・コイルを過去200年間における最も重要な発明だと考えており、それ以前は「人類はたった一つのセクター内に閉じ込められていた」とのことである。(TNG:26世紀のタイム・トラベラー

 2372年ベイジョー・ワームホール内で起こった亜空間反転により、USSディファイアント(NX-74205)は損傷を受け、ワープ・コイルはフィードバック・ループ状態にロックされた。(DS9:父と子

 2377年USSヴォイジャーは修理のため惑星上に着陸し、シャトルを使っていくつかのワープ・コアの交換作業を行った。(VOY:偽りのナイチンゲール

付録編集

注釈編集

  1. この組成は、Star Trek:The Next Generation Technical Manual内で初めて説明された。

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア