Wikia

Memory Alpha

ワープ・コア

トーク0
2,566 件の記事が
このウィキにあります
Galaxy class warp core
ギャラクシー級宇宙艦のワープ・コア。

 ワープ・コア(Warp core)とは、ワープ宇宙艦の主要エネルギー反応炉のことである。ワープ推進システム及び、艦内配電の原動力を担っている。

宇宙艦隊編集

 宇宙艦隊においては、機関室の中央に座するシリンダー状の重水素・反重水素反応炉のことであり、恒星に匹敵するエネルギーを生み出すことができる。重要な機関であると同時に、大変危険な機関とも言える。

 22世紀、ワープ・コアは重量フィールド転移マニフォルド(Gravimetric Field Displacement Manifold)、もしくはワープ・リアクター(Warp Reactor)と呼ばれていた。(ENT:時を見つめる男
 しかしながら実際の任務運用において、言いやすさからか徐々に「ワープ・コア」という呼び名が一般的になっていった。(ENT:覚醒する恐怖) また、ワープ・コアを構成する部品の集合をワープ・コア・アセンブリと呼ぶこともある。(VOY:帰ってきたケス

概要編集

 惑星連邦の宇宙艦では、ワープ・コアは通常、重水素反重水素物質/反物質反応炉で反応させる。USSヴォイジャーのワープ・コアは、秒速最大4000テラダインを生み出すことができる。(VOY:新生ボーグの悲劇

 宇宙艦隊のワープ・コアは、反応炉中央にダイリチウム結晶(高周波電磁場下において反物質との消滅効果が現れない特殊物質)が設置されている。ダイリチウムは反物質反応で得られる強大なプラズマエネルギーを収束させるレンズの役割を持っており、ハイワープに必要な高密度プラズマを生成する。
 ダイリチウムに置き換わるまでの2265年と2266年、宇宙艦隊はリチウム結晶を使用していた。(TOS:光るめだま

設計編集

 22世紀のワープ・コアは、水平の長方形のシリンダーとして設計されていた。2270年までに、多くの連邦宇宙艦のワープ・コアは第二船体の上部にある重水素タンクと、下部にある反物質貯蔵タンクと効率よく反応させるために、船体に対して垂直のものへと置き換えられた。(劇場版スタートレック

 ワープ・コアは宇宙艦の最重要機関であると同時に、最危険機関でもある。そのため安全措置として、ワープ・コアが物質/反物質反応の抑制に失敗し制御不能に陥った場合に備え、船外へ射出させる機能が宇宙艦には備わっている。(TNG:恐怖の宇宙時間連続体VOY:偽りのクルー

その他の勢力編集

 23世紀では、ダイリチウム結晶はワープ航行を可能にするために十分なエネルギーを発生させるためにクリンゴンにも使用されていた。ドミニオン戦争中、IKSキタングだけがブリーンエネルギー抑制兵器に対して無力化されなかったが、それは重水素反応よりも三重水素反応であったからだとわかった。(DS9:嵐の予兆

 ロミュランの宇宙艦では、人工ブラックホールを動力源としてワープ・エネルギーを得ている。(TNG:時空歪曲地帯

様々なワープ・コア編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ