Wikia

Memory Alpha

ランマ½ジャイロ・ブロック

トーク0
2,602 件の記事が
このウィキにあります

 ランマ½ジャイロ・ブロック(Ranma ½ gyro block)とは、極小ロボットの非常に重要な構成パーツである。

極小ロボットのその他のパーツ編集

  • 前方推進ブロック
  • オネアミス受信装置
  • ヘクス成長スタック
  • オオトモ調整機
  • 逆流パドル
  • 細胞膜センサー
  • 細胞膜マニピュレーター
  • テレメトリー・アンテナ
  • 前方モーション・センサー
  • 結晶咬合器
  • 論理回路
  • T細胞反受容器
  • 非常用溶解システム

背景編集

ランマ½ジャイロ・ブロックや、極小ロボットのその他の構成パーツは、TNG:進化の刻印で、LCARSの画面にその一覧が表示されていた。『らんま½』は、1987年から1996年まで「週刊少年サンデー」に連載されていた高橋留美子作の漫画で、TVアニメや劇場用映画にもなった。TNGでは、このように日本アニメ(ジャパニメーション)関係の語句が画面に混じっていることがよくある。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア