Wikia

Memory Alpha

ライカー作戦

トーク0
2,587 件の記事が
このウィキにあります

 ライカー作戦(Riker Maneuver)とは、宇宙艦隊ウィリアム・T・ライカー中佐が行った作戦行動の通称である。この作戦名はUSSエンタープライズE機関部長であるジョーディ・ラフォージ少佐が名付けたものである。

 2375年ブライアー・パッチと呼ばれる空間領域において、USSエンタープライズEは2隻のソーナ巡洋戦艦に追われていた。この時にライカーは不安定なメトリオン・ガスにエンタープライズを突っ込ませることを操舵士官に命令したが、直後、ソーナ艦はキトマー条約で禁止されているはずの亜空間兵器を発射し、亜空間の裂け目を引き起こした。

 ラフォージがワープコアを廃棄することでかろうじてこの亀裂を封鎖したが、それでもソーナ艦はエンタープライズを追跡し続けた。そこで、バサードコレクターを使用してメトリオン・ガスを採集し、ライカーはステアリング・コラムを起動してエンタープライズを手動で操縦。貯蔵セルが満杯になったところでソーナ艦の目の前でメトリオン・ガスを放出した。ソーナ艦は光子魚雷を発砲したが、それがガスに引火し、結果、ソーナ艦一隻が撃沈、もう一隻は大きなダメージを受けた。そして、エンタープライズはその間に連邦評議会と交信可能な圏内に脱出できた。(スタートレック:叛乱

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア