Wikia

Memory Alpha

マット・デッカー

トーク0
2,586 件の記事が
このウィキにあります
Matt decker.jpg
マット・デッカー准将(2267年)
性別: 男性
種族: 人類
所属: 惑星連邦宇宙艦隊
階級: 准将
役職: USSコンステレーション(NCC-1017)艦長
死亡: 2267年
子: ウィラード・デッカー
俳優: ウィリアム・ウィンダム(William Windom)

 マット・デッカー(Matt Decker)は23世紀宇宙艦隊将官である。彼は准将としてUSSコンステレーション指揮官を務めていた。

 後にUSSエンタープライズ副長になるウィラード・デッカーの父親でもある。

 2267年時点で宇宙艦隊准将であった。宇宙暦4202.1、デッカー准将率いるUSSコンステレーションはL-370星系の惑星が残らず破壊されたことの原因について調査を行なっていた。その後、L-374星系の第4惑星が破壊される寸前であることを観測し調査に向かったが、そこでコンステレーションは惑星の殺し屋と遭遇し戦闘状態となる。しかし、コンスティチューション級の武装では惑星の殺し屋の外殻であるニュートロニウムの装甲を破ることができず、コンステレーションは大きなダメージを受けブリッジを含め艦内は深刻なダメージを受けた。

 デッカー准将は第3惑星に自分以外の全クルーを転送で避難させた。しかし、その後の惑星の殺し屋との戦闘で転送装置が破壊され、第3惑星に残された400名のクルーは助ける間もなく惑星の殺し屋によって惑星諸共破壊された。

 その後、救援に駆け付けたUSSエンタープライズのクルーが彼を見つけた時、彼は満身創痍の状態で情緒不安定だった。エンタープライズのクルーはデッカーの話と、科学士官だったマサダの記録をつなぎ合わせ、惑星の殺し屋の存在を知る。

 しかし、デッカーをエンタープライズに収容した直後、エンタープライズもまた惑星の殺し屋に攻撃され転送装置が故障。ジェイムズ・T・カーク艦長ら数名のクルーがコンステレーションに取り残されてしまったため、デッカーは一般命令104条に基づいてエンタープライズを指揮するも、明らかに精神が不安定であった。

 コンステレーションとの通信が回復した後、カークの承認を受けた科学士官副長スポック中佐によって、デッカーは指揮官の座を下された。彼の健康診断をさせるために保安部員1名を同行させたが、デッカーはその保安部員を殴り倒してシャトル格納庫へ向かい、強引に発進した。

 デッカーはカーク、スポックらの制止を振り切りシャトルを惑星の殺し屋の「口」部分へ飛びこませ、自身はその際に死亡した。

 このデッカーの方法からカークはコンステレーションを惑星の殺し屋に飛びこませる方法を思いついた。カークはコンステレーションが惑星の殺し屋に激突する寸前にエンタープライズに転送収容されて事なきを得た。一方、口の中でコンステレーションが爆発した惑星の殺し屋は目論見通り機能を完全に停止した。

 カークはデッカーのことを「勇敢な最期を遂げた」と記録した。(TOS:宇宙の巨大怪獣

付録編集

背景編集

 劇中では語られていないが、劇場版スタートレックの解説本「The Making of Star Trek: The Motion Picture」によるとマット・デッカーはウィラード・デッカーの父親である。StarTrek.comにもそのことは明記されている。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア