Wikia

Memory Alpha

ベータ・ライジェル4号星

トーク0
2,608 件の記事が
このウィキにあります

 ベータ・ライジェル4号星は単にライジェル4号星(Rigel IV)とも呼ばれる惑星で、ベータ・ライジェル星系の第4惑星である。

 2266年、ライジェル4号星でレジャックという存在が「ベラティス」という身体で何人かの女性を殺害した。その後レジャックはアルギリス2号星に移動しライジェル4号星のアーガス川地方で作られたナイフで他の殺人を起こした。(TOS:惑星アルギリスの殺人鬼

 2285年より以前にアーガス川地方の人々はライジェル4号星政府と対立し、両者の間に「全ての生命は等しく作られてはいないかもしれないが、法律の下等しく機会と待遇が与えられる」という和解に繋がる重要な判例が出され平和協定が結ばれた。この判例を答える問題がスポック記憶テストの中で出された[1]。(スタートレック4:故郷への長い道

 24世紀、ライジェル4号星に住む優秀な天文学者ベタゾイドラクサナ・トロイ大使を愛し、2367年に彼はラクサナ・トロイから要求され恒星をラクサナと名付けた。(TNG:決別の儀式

 2370年代半ばライジェル4号星で一週間程水耕栽培に関する会議が開かれケイコ・オブライエンも参加した。(DS9:義務と友情

 ライジェル4号星にはペルジウムの精製所がある。ドミニオン戦争中、サッポラ星系からライジェル4号星への船荷がジェムハダーによって破壊された。(DS9:崩れゆく家族の肖像

付録編集

注釈編集

  1. この問題は脚本中にあるものだが、劇中では確認できない。

背景編集

 『TOS: 惑星アルギリスの殺人鬼』日本語吹き替え版では「惑星リーゲル」と訳された。

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア