Wikia

Memory Alpha

ベータ・ライジェル10号星

トーク0
2,566 件の記事が
このウィキにあります
ライジェル10号星
位置: ベータ・ライジェル星系

 ベータ・ライジェル10号星は単にライジェル10号星(Rigel X)とも呼ばれる惑星で、地球クロノスの間にあるベータ・ライジェル星系の第10惑星である。36のレベルからなる商業施設があり、非常に多くの種族が居住している。

 ライジェル10号星には巨大なと様々な色のが生息している。

 2151年地球宇宙船エンタープライズ(NX-01)スリバン・カバルに誘拐されたクリンゴンクラングを探す為ライジェル10号星を訪問した。クラングは以前にライジェル10号星を訪問してスリバンの反体制派のサリンと接触していた。(ENT:夢への旅立ち

 2161年エンタープライズ(NX-01)シュランの娘タラを救出する為ライジェル10号星を再訪した。(ENT:最後のフロンティア

 ライジェル10号星はエンタープライズ(NX-01)の最初と最後に訪れた惑星である。(ENT:夢への旅立ち最後のフロンティア

ライジェル10号星の居住者編集

無名のヒューマノイド(22世紀)を参照

背景編集

 『夢への旅立ち』では地球からライジェル10号星(Rigel X)まで僅かな日数で訪れているような印象を受けるが、実際の恒星リゲル(Rigel)は太陽系から約770光年離れた位置にあり、ワープ5で直行したとしても約6年かかる。このジレンマに対処する為ジェフリー・マンデルの著した『Star Trek: Star Charts』では太陽系とクロノスの間にある『ベータ・ライジェル星系』の惑星としている。
 それにしても、トゥポルの言うようにライジェル星系がその時のエンタープライズの位置から15光年離れていたとしたら、ワープ4.4で54日もかかってしまうことになる。

 『最後のフロンティア』で見られるビュースクリーンでは、ライジェル10号星が「ライジェル・コロニー」と同一であることが示されている。ライジェル・コロニーは『宇宙の巨大怪獣』でも言及された。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ