Wikia

Memory Alpha

ベレンガリア7号星

トーク0
2,584 件の記事が
このウィキにあります

ベレンガリア7号星(Berengaria VII)はベレンガリウス星系に存在する連邦加盟惑星で連邦では広く知られた惑星である。(TNG:恐るべき陰謀

 2154年12月、地球連合宇宙艦隊エンタープライズ(NX-01)宇宙基地設置場所の候補の1つとしてベレンガリア7号星を調査した。トゥポルはこの惑星には知的生命は存在しないが繁栄した生態系があると述べた。ただし彼女はヴァルカン調査チームの記録に触れ、飛翔能力を持つ体長200m超の爬虫類が生息しており口から火炎を吐くと述べた。しかしオリオンとの事件により調査は延期された。(ENT:誘惑の甘い罠

 2267年以前にスポックはベレンガリア7号星でドラゴンの様な生物に遭遇したことがあった。(TOS:死の楽園

 2373年カイウィン・アダミベンジャミン・シスコ大佐との言葉の駆け引きの中で、連邦の地球やヴァルカンアンドリア、ベレンガリアが犠牲になってもベイジョードミニオンから護ってくれるか訊ねた。(DS9:プレゼント大作戦[1]

付録編集

背景編集

 『恐るべき陰謀』に登場した大きな星図では、ベレンガリア7号星はアルファ宇宙域にあるように書かれている。星図上で近くに書かれているのはジェナス6号星ガンマ・カナリスN、およびアルファ177である。

注釈編集

  1. これはベレンガリア7号星が連邦の重要なコロニーの1つである事を示唆している。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア