Wikia

Memory Alpha

ヘリウム

トーク0
2,565 件の記事が
このウィキにあります
液体ヘリウム
名称: ヘリウム
記号: He
元素番号: 2
原子量: 4

 ヘリウム(Helium)は化学元素の1つで周期表の原子番号2の希ガス元素で、宇宙での存在比が水素に次いで2番目に多い元素。ヘリウムは恒星内部で水素同士の核融合によって生成される。ヘリウムは不活性である希ガス類の1つ目の元素である。

 エンタープライズ(NX-01)の機関部では液体ヘリウムが使われていた。(ENT:言葉なき遭遇

 2152年、エンタープライズ(NX-01)の前に自動修理ステーションのドックに入った種族温度が-270度の液体ヘリウムの大気で生活していた。(ENT:謎の自律浮遊基地

 ドクターティムソンケイロン星系ケイロンの恒星を甦らせる為のヘリウム核融合促進の研究を行っていた。(TNG:決別の儀式

 2370年USSエンタープライズ(NCC-1701-D)は水素とヘリウムのガスの外層から成る異様なはぐれ彗星を調査した。(TNG:多重人格アンドロイド

 2371年USSヴォイジャー(NCC-74656)管理者アレイ型ステーションを破壊した時、水素、ヘリウム、水銀アルゴンを含むガスが放出された。(VOY:果てしなき疑惑

 核子星雲生命体の大部分は水素、ヘリウムと中性ヒドロキシ基で構成されていた。(VOY:星雲生命体を救え

 2374年、ヴォイジャーが星雲内を航行している間セブン・オブ・ナインが幻覚によって作り出したトラジス・ロ・タリクは液体ヘリウムとマイクロフュージョン・チャンバーの取引を提案した。(VOY:放射能星雲の孤独

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ