Wikia

Memory Alpha

フェイザー・バンク

トーク0
2,603 件の記事が
このウィキにあります
Constitution phaser bank

コンスティチューション級の前部フェイザー・バンク

Defiant phaser banks

USSディファイアントのフェイザー・バンク

USS Enterprise forward phaser banks

USSエンタープライズのフェイザー・バンク

 フェイザー・バンク(Phaser banks)は、連邦宇宙艦に搭載されたフェイザー兵器である。(宇宙大作戦まんが宇宙大作戦

概要編集

 2257年ジェイムズ・T・カーク大尉(当時)がUSSファラガットに配属され、フェイザー・ステーションに配置されていた頃には既に宇宙艦隊では採用されていた。(TOS:復讐!ガス怪獣

 フェイザー・バンクはエネルギーと照準システムを共用したフェイザー・エミッターによって構成されていた。

 2260年代の中盤、宇宙艦隊のフェイザー・バンクはそれぞれが一つずつのエミッターを搭載しており、艦のメインパワー・システムとは別系統の充電式のエネルギー源からパワーを供給されていた。(TOS:宇宙の巨大怪獣

Constitution primary phaser

技術情報誌に掲載されているコンスティチューション級のフェイザー

 2260年代には、コンスティチューション級宇宙艦は少なくとも12基のフェイザー・バンクを搭載していたが、複数のフェイザー・バンクからの同時射撃が多用されていた。

 メイン・フェイザー・バンクは円盤部の最下部のドーム状のセンサー・ドームに設置されていた。その他には、シャトルベイの上部に設置され艦尾側の射界を確保していた。また左舷と右舷にも搭載されていた。(TOS:怪獣ゴーンとの対決ENT:暗黒の地球帝国・後編

 2270年代には、フェイザーエネルギーはメイン・リアクターの動力が使用される新しいシステムが開発された。そのため、メイン・リアクターが損傷を受けるとすべてのフェイザーが使用不能になるという事態に陥った。(スタートレック2:カーンの逆襲

 24世紀には、フェイザー・バンクは、フェイザー・アレイと呼ばれるエミッターをレール状に配置したタイプへと切り替わっていった。(新スタートレック) しかしながら、レール状のフェイザー・アレイを設置できない箇所に設置された砲座にはフェイザー・バンクが使用されていた。(DS9:戦争回避・前編

 宇宙艦隊のフェイザー・バンクは、4.2ギガワットパワー・ジェネレーターで稼働させることができた。(TNG:守護神伝説

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア