Wikia

Memory Alpha

バイオ模倣ジェル

トーク3
2,598 件の記事が
このウィキにあります

 バイオ模倣ジェル(Bio-mimetic gel)[1]は液体の物質で遺伝学の研究に使われる。惑星連邦では法律で厳しく規制されており禁制品で正しく輸送しないと危険である。(DS9:老化促進テレパシー) バイオ模倣ジェルの応用として生物兵器や有機爆弾、不法な遺伝学やクローンの実験に使われる事がある。(DS9:消された偽造作戦) その為連邦ではバイオ模倣ジェルを手に入れようとすることさえ重罪になる。(DS9:老化促進テレパシー

 2370年USSフレミングはこの貴重なバイオ模倣ジェルを運んでヘカラス・ルートを通った時に行方不明になった。調査の初期段階でUSSエンタープライズ(NCC-1701-D)ドクタービバリー・クラッシャーは、フレミングはバイオ模倣ジェルの為にハイジャックされたのではないかと仮説を立てた。(TNG:危険なワープ・エネルギー

 2370年、ウィリアム・T・ライカー中佐イリディアンヨグ船長に0.5gのアンジョランバイオ模倣ジェルと500kgの菱苦土石の取引を申し出たが、後にハッタリである事が判明した。[2]TNG:クリンゴン戦士への道

 2370年、ロー・ラレン非武装地帯からフェレンギにバイオ模倣ジェルを届けさせ更に合法の物だとマキに嘘をついた。(TNG:惑星連邦“ゲリラ部隊”

 連邦領域の宇宙ステーションディープ・スペース・9医療室には医学目的でバイオ模倣ジェルがある程度備蓄されている。2371年レシア人アルトヴァーはドクタージュリアン・ベシアからバイオ模倣ジェルを購入しようと持ち掛け、後にベシアからバイオ模倣ジェルを盗んだ。[3]DS9:老化促進テレパシー

 2373年USSヴォイジャー(NCC-74656)チャコティ少佐トム・パリス大尉デルタ宇宙域の貿易ステーションで少量のバイオ模倣ジェルを載せた。パリスによるとバイオ模倣ジェルのコンテナは宇宙艦隊の標準でコンテナL647X7が適当であった。(VOY:密売人

 2374年ベンジャミン・シスコ大佐とエリム・ガラックカーデシア光分解データ・ロッドの偽装作戦の報酬としてバイオ模倣ジェルを使った。ガラックはシスコ大佐に200リットルのバイオ模倣ジェルが必要だと言ったがシスコはバイオ模倣ジェルは規制されておりベイジョー・セクターには物理的に200リットルも無いと言った。その後シスコはドクター・ベシアに85リットルのバイオ模倣ジェルを提供するよう命令した。バイオ模倣ジェルは危険でシスコが何の用途に用いるか不透明な為、怒ったベシアはこの事を彼の個人日誌に記録し書面で命令を受けると主張した。そして宇宙艦隊医療部に公式に不満を提出した。(DS9:消された偽造作戦

関連項目編集

付録編集

注釈編集

  1. 日本語吹き替えでは「形状記憶ジェル」と訳されているが、原語の意味とは違うため原語に忠実にバイオ模倣ジェルと本稿では記載する
  2. アンジョランバイオ模倣ジェルはオリジナルの生体模倣ジェルとは異なるかもしれない
  3. TNG: 惑星連邦“ゲリラ部隊”』から『DS9: 老化促進テレパシー』までの間にバイオ模倣ジェルの取引の規制が決まった可能性がある。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア