Wikia

Memory Alpha

トランスワープ・ハブ

トーク2
2,598 件の記事が
このウィキにあります
Transwarphub

トランスワープ・ハブ

Borg transwarp network

トランスワープ・ハブの銀河系の位置情報

 トランスワープ・ハブ(Transwarp hub)は、ボーグによって使用されたトランスワープ・コンジットを用いた宇宙空間の短時間移動用の施設である。

 トランスワープ・コンジットを使用することでボーグはワープ9.2以上の超高速移動を実現し、短時間で銀河系の各所にボーグ艦を配備できた。そのため、トランスワープ・ハブはボーグにとって非常に重要な戦略上の拠点であった。(TNG:ボーグ変質の謎・前編VOY:道は星雲の彼方へ

 各ハブは数千箇所に出口を持ち、銀河系の各宇宙域への接続が確立されていたため、ボーグの戦略上非常に有効であった。構造は一連のインタースペーシャル・マニフォルドによって構成されていた。そして、この設備はボーグ・クイーンが直轄しており、様々な攻撃や障害に対して強固な防衛力を有していた。万が一幾つかのマニフォルドが破壊された場合、その衝撃波がすべてのマニフォルドに伝播して破壊されるという弱点も持っていた。

 2378年時点で、知られている限りで6つのトランスワープ・ハブが存在していた。一つのハブがデルタ宇宙域グリッド986星雲内に存在しており、2378年にUSSヴォイジャーによって発見された。ヴォイジャーは付近を航行していた際に、断続的に重力子フラックスを伴う強いニュートリノ反応を星雲から検知した。ヴォイジャーはそれがアルファ宇宙域へと続くワームホールの可能性があるとして調査を開始したが、そこには多数のボーグ・キューブによって守られたトランスワープ・ハブが存在していた。

 あまりにも危険であると判断したジェインウェイ艦長は、艦を星雲から引き揚げさせた。しかし、その後突如現れた時間断層(temporal rift)から宇宙艦隊シャトルが現れた。このシャトルには未来からやってきたキャスリン・ジェインウェイ中将が乗っており、彼女は時間協定を無視してヴォイジャーの防御力をアップさせるためのアブレーティブ・ジェネレータートランスフェイズ魚雷をヴォイジャーにもたらした。

 未来のジェインウェイは過去の自分に対して、直ちに星雲へ向かいそこから地球へと帰還するよう命じた。しかし、このボーグの戦略的拠点を破壊することが重要であると考えた現在のジェインウェイは未来のジェインウェイと協力し、ハブを破壊しつつ地球へ帰還するための作戦を実行した。未来のジェインウェイは単身ボーグ・クイーンの元に乗り込み、自ら同化されることで神経溶解ウィルスにクイーンを感染させ、一時的にトランスワープ・ハブの防衛を消した。ヴォイジャーはこの隙にアルファ宇宙域へと続くハブへと侵入し、内部からトランスワープ・コンジットを破壊した。連鎖反応で崩壊し始める中ヴォイジャーは衝撃波を切り抜けて無事にアルファ宇宙域へと帰還し、トランスワープ・ハブの破壊にも成功したのだった。この戦闘において、無数のボーグ・ドローンと少なくとも3隻のボーグ艦が破壊された。(VOY:道は星雲の彼方へ

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア