Wikia

Memory Alpha

トランスワープ・ドライブ

トーク0
2,584 件の記事が
このウィキにあります
Voth research vessel

トランスワープ・ドライブを使用中のヴォス船

 トランスワープ・ドライブ(Transwarp drive)とは、従来のワープ・ドライブの限界を超えるいくつかの推進技術の総称である。

連邦のトランスワープ・ドライブ編集

偉大なる実験編集

TranswarpComputerDisplay

USSエクセルシオに搭載されたトランスワープ・コンピュータに表示されるトランスワープ・ファクター

 USSエクセルシオは、2280年代に連邦のトランスワープ・ドライブの実験を行うために実験艦として宇宙艦隊で採用された。理論上ではどんな速度も出せるはずであった。(スタートレック3:ミスター・スポックを探せ) しかし、その後の10年間で同艦は通常のワープ・ドライブに換装された。(スタートレック6:未知の世界) 連邦で採用されるすべてのワープ・コアで使用されるダイリチウムは、トランスワープ・ドライブに必要不可欠な高速ワープにおいて不安定となることが分かっており、エクセルシオがワープ10に到達することは不可能であった。(VOY:限界速度ワープ10

実験船「コクレーン」の飛行編集

Federation transwarp drive

シャトル・コクレーンに搭載された連邦のトランスワープ・ドライブ

Cochrane transwarp

トランスワープ中のシャトル・コクレーン

 2372年にダイリチウムの新種がUSSヴォイジャーのクルーによってデルタ宇宙域小惑星から発見された。その物質は高周波でも安定を保つことができた。しかし、ワープ9.7を超える速度でのトランスワープ・シミュレーションでは船体とエンジン・ナセルに使用されているトリタニウム合金が、ナセルと船体の速度差による金属疲労に耐えられず崩壊してしまうことが分かっていた。そこで、トム・パリス大尉量子ワープ理論マルチスペクトル亜空間エンジン・デザインを元に船体周囲に分極マトリックスをセットアップすることでこの問題を解決した。この方法では、通常のワープ・ドライブでワープ8まで加速した後にトランスワープ・ドライブへと切り替えワープ10へと加速する方法が採られた。

 クラス2シャトルに分類されるコクレーンはワープ10速度を出す初の有人実験に採用された。最初の実験はトム・パリスによって実施され、彼は無限の速度とされるワープ10では宇宙のいたる場所に同時に存在していたと証言した。しかし、無限の速度における航行法はまだテストされておらず、一次テスト飛行の完了後には再び元の位置に戻ってきた。

 しかし、実験飛行でトランスワープ閾を超えたパリスの身体が細胞突然変異を起こしたことにより、ワープ10という速度は人体に重大な悪影響を与えることが判明した。突然変異を起こした彼のDNAは数百万年単位で起きるはずの人類進化がたった1日で起きた。突然変異を止めるためにワープ・コアから発生する反陽子を使って、パリスの変異したDNAを破壊しようとするが彼は治療中に逃げ出し、精神的に不安定となったパリスはキャスリン・ジェインウェイ大佐を誘拐してトランスワープ・ドライブでヴォイジャーを離れた。その後、パリスはジャングル惑星に到達し惑星上に降下した。3日後にヴォイジャーがその惑星に到達したときにパリスとジェインウェイは両生類タイプの生物に変異しており、子供が生まれていた。ヴォイジャーのクルーはパリスとジェインウェイを収容し子供だけをその惑星に残した。

 両生類となったパリスとジェインウェイは、5秒間の反陽子放射によって変異をもたらしているDNA組織を破壊され、体に残されたオリジナルのDNAで体細胞を再構成することにより、3日後に元の体に戻ることができた。(VOY:限界速度ワープ10

ボーグのトランスワープ・ドライブ編集

Borg sphere drive

ボーグ・スフィアに搭載されるトランスワープ・チェンバー

Borg conduit drive

トランスワープコンジットへ突入するボーグ・キューブ

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。


ヴォスのトランスワープ・ドライブ編集

 ヴォスは、独自のトランスワープ・ドライブを実用化しており、ヴォスの宇宙船にはトランスワープ・ドライブが搭載されていた。ヴォスの技術ではDNAへの有害な効果は発生せず、通常ワープとトランスワープを自在に使い分けることが可能であった。また空間転移と呼ばれる一種の遮蔽技術で船を偽装したままトランスワープから通常空間へ戻ることが可能であった。[1]VOY:遠隔起源説


付録編集

注釈編集

  1. ヴォス船のトランスワープ・ドライブはワープ10の様な無限速度を実現している訳ではなかった。通常のワープ・ドライブよりも遥かに高速ではあったが、どのような原理であるかは明確にはなっていない。

関連項目編集

背景編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア