Wikia

Memory Alpha

ディープ・スペース任務

トーク0
2,587 件の記事が
このウィキにあります

 ディープ・スペース任務(Deep Space assignment)は星図に載っていない空白の宇宙空間の探査任務についての総称である。

宇宙艦隊におけるミッション編集

 宇宙艦隊の任務には、国境警備と呼ばれるロミュラン中立地帯などの非同盟勢力との国境地帯のパトロール任務や、輸送任務、敵対勢力の軍事的脅威に対する防衛任務、外交任務など様々なものが存在するが、宇宙艦隊設立の大きな目的の一つとして宇宙探査が挙げられ、この任務は宇宙艦隊においては最も重要な任務の一つである。

 宇宙艦隊のディープ・スペース・ミッションは巡洋艦クラスの比較的大型の汎用宇宙艦が未知の領域へと数年単位で探査航行を行い、星図を作成する。その際に有用な資源や惑星を含む発見がなされた際には、科学調査艦等の専門的な任務を行う艦が派遣され詳細な調査活動が実施される。

注目に値するディープ・スペース・ミッション編集

ファイブ・イヤー・ミッション

 ジェイムズ・T・カーク大佐指揮下のUSSエンタープライズ(NCC-1701)による五年間の探査飛行は宇宙艦隊におけるもっとも輝かしい功績として記憶されている。


USSエクセルシオによる三年間の探査飛行

 ヒカル・スールー大佐指揮下のUSSエクセルシオによる、ベータ宇宙域の調査飛行。


セブン・イヤー・ミッション

 ジャン=リュック・ピカード大佐指揮下のUSSエンタープライズ(NCC-1701-D)による7年間の探査飛行においてエンタープライズの名に恥じない大いなる功績を残した。


デルタ宇宙域からの帰還

 キャスリン・ジェインウェイ大佐指揮下のUSSヴォイジャー(NCC-74656)は、管理者と呼ばれる生命体により突如デルタ宇宙域に飛ばされ、そこから7万光年の距離を旅して地球へ帰還した。宇宙艦隊史上最も長い航海とも呼ばれている。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア