Wikia

Memory Alpha

ディキーア型

トーク4
2,603 件の記事が
このウィキにあります
複数の時間軸
(複数の異なる時間軸からの情報)
ディキーア型
D'Kyr type, quarter view.jpg
艦種: 巡洋戦艦
所属: ヴァルカン最高司令部
デッキ数: 約13デッキ
乗員数: 147人
武装: 粒子性兵器光子性兵器
防御: ディフレクター・シールド
状態: 現役 2154年 現在)
D'Kyr type, aft.jpg
艦尾側

 ディキーア型(D'Kyr type)は22世紀中盤にヴァルカン最高司令部によって運用されていたヴァルカン宇宙艦である。これらの艦は2150年代には巡洋戦艦に分類されていた。(ENT:沈黙の漂流船

歴史編集

Vulcan-Tellarite-Andorian starships

2154年の連合艦隊

 2154年、多数のこのクラスの艦がヴラス長官によって計画されたアンドリア侵略のための陰謀に基づいてアンドリアの戦いに参加した。(ENT:バルカンの夜明け

 その年の末、数隻のこのタイプの巡洋戦艦がロミュラン襲撃艦探知用センサー・グリッド構築のための128隻の船から成るアンドリア-地球-テラー-ヴァルカン連合艦隊に参加した。(ENT:ロミュランの陰謀

鏡像宇宙編集

 鏡像宇宙において、2155年にヴァルカン反乱軍がこのクラスの艦をテラン艦隊攻撃に利用し、ISSアヴェンジャーに対する攻撃に利用した。(ENT:暗黒の地球帝国・後編

技術情報編集

船体構造編集

Seleya display profile

側面図

 船首はとがっており、大きく開いた水平な環状構造の内側に、リング型のワープナセルが配置されている。船尾部にはインパルス・エンジンが配置されている。

戦術システム編集

 このクラスの艦はディフレクター・シールドに加え、光子性兵器粒子性兵器の両方を装備している。粒子性ビームのエミッターは、前方に1つ、腹部に2つ、船尾に2つある。(ENT:陰謀の嵐ENT: バルカンの夜明け

 戦闘において比較すると、このクラスの艦の火力は宇宙艦隊NX級より勝っており、アンドリア巡洋戦艦とはほぼ互角である。(ENT:バルカンの夜明け) しかし三隻のソリア艦には無力化されてしまった。(ENT:沈黙の漂流船)また、鏡像宇宙では惑星連邦コンスティチューション級宇宙艦一隻に対し圧倒的に劣っていた。(ENT:暗黒の地球帝国・後編

推進システム編集

D'Kyr type docked at Tellarite station

リング型ワープナセルが収納された状態

 ディキーア型は100光年を数週間で航行することが出来た。(ENT:沈黙の漂流船) ワープ・ドライブを使用するときにはリング型ワープナセルは垂直な位置にあるが、エンジンが停止しているときや艦載艇を発進させる準備をしているときには、ナセルは水平になり船体に収納される。(ENT:沈黙の漂流船ENT: 狙われた首ENT: 幽霊船

内部デザイン編集

ブリッジ編集

Vulcan uniform, Cease fire

ミュロック司令官と彼の船のブリッジ

 ディキーア型のブリッジには指揮官が通信機越しに話す際に立つ場所にパネルがあった。(ENT:戦場の絆

医療室編集

Seleya sickbay

医療室

 この艦の医療室はデッキ5に位置し、透明なチューブの中に1機の中央バイオベッドがある比較的小さな部屋1つで構成されていた。ベッドには抵抗する患者のために手首と足首の固定ベルトがついており、診断は透明部分のパネルで制御出来た。入口の反対側の壁には大きな白いシンボルがあった。(ENT:幽霊船

補助制御室編集

Seleya auxiliary control room

補助制御室

シャトルベイ編集

Seleya diagram shuttlebay

船の図面

同型艦編集

付録編集

登場回編集

Jean Luc Picard 2364 この記事は書きかけだ。是非とも、この記事に加筆してみて欲しい。記事を書く際は、画面上部の「編集」をクリックするように。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア