Wikia

Memory Alpha

セーラット

トーク0
2,584 件の記事が
このウィキにあります
Sehlat

フォージにいた野生のセーラット

I-Chaya

スポックが飼っていたセーラット、I-Chaya

 セーラット(Sehlat)はヴァルカン星に生息する、大きな「テディベア」のような動物である。セーラットには6インチ(約15cm)の牙があり、また高い所には登らない。

ペット編集

 ペット用のセーラットは野生のよりほんの少し小型なだけだが、ヴァルカンの子供のペットとして一般的である。とは言えセーラットは非常に攻撃的であり、飼い主となった子供は餌やりの時間に遅れないことをすぐに覚える。

 トゥポルは飼っていたセーラットの大きさを「ポートスくらい」と述べた。(ENT:狙われた地球大使館

 スポックが子供時代に飼っていたセーラットはI-Chayaという名前で、元々は父親サレクが飼っていたものだった。I-Chayaは2239年、スポックを猛獣le-matyaから守ろうとして重体になってしまった。手の施しようがないと分かり、スポックはI-Chayaを痛みとともに延命するよりも安楽死させることを選んだ。(TOS:惑星オリオンの侵略TAS:タイムトラベルの驚異

野生編集

 2154年ジョナサン・アーチャー大佐とトゥポル中佐ヴァルカン・フォージで野生のセーラットに追いかけられた。アーチャーは鳴き声を聞いて、以前ホシ・サトウに聞かされたクリンゴン・オペラを思い出した。(ENT:狙われた地球大使館) シラントゥパウはセーラットの鳴き声を真似することが出来た。トゥパウはそれによってタロック以下三人のヴァルカン人ギャリサイトからの放電に誘導した。(ENT:バルカンの夜明け

背景編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア