Wikia

Memory Alpha

セクター001の戦い

トーク0
2,599 件の記事が
このウィキにあります
セクター001の戦い
第二次太陽系侵攻中の戦闘
Borg cube engaged at Sector 001.jpg
日時 2373年
場所 タイフォン・セクターセクター001
結果 惑星連邦の勝利
交戦陣営
惑星連邦 ボーグ集合体
指揮官
ヘイズ中将
ジャン=リュック・ピカード大佐
ボーグ・クイーン
投入兵力
約60隻 ボーグ・キューブ1隻
ボーグ・スフィア1隻
損失
約30隻を損失 両方とも撃破された

 セクター001の戦い(Battle of Sector 001)とは、2373年に発生したボーグによる第二次太陽系侵攻の際の、宇宙艦隊ボーグ・キューブの決戦である。戦いによって宇宙艦隊は多大な被害を受けたが、辛くもボーグ・キューブの撃退に成功した。およそ6年前のウォルフ359の戦いにおける大敗北以降、宇宙艦隊は対ボーグ戦に備え着々と準備を行っていたために二度目の太陽系侵攻を阻止することに成功した。(スタートレック:ファーストコンタクト

前兆編集

 宇宙暦50893、宇宙艦隊司令部ディープ・スペース・5から緊急連絡が入った。アイヴォール・プライムコロニーが攻撃を受け破壊されたというものであった。そして、長距離センサーが一隻のボーグ・キューブを検知した。ヘイズ中将ボーグによる第二次太陽系侵攻が開始されたと判断し、直ちに迎撃艦隊を招集した。

 ヘイズ中将は対ボーグ戦において最も経験豊富とされるUSSエンタープライズEジャン=リュック・ピカード大佐に直ちに連絡を行い、ボーグによる侵略が開始されたことを伝えたが、過去に彼がボーグに同化されウォルフ359の戦いにおいて宇宙艦隊の壊滅に関わったことを危惧し、エンタープライズを迎撃艦隊に参加させることは「重大な局面への不安定な要素」であると判断したため見送り、代わりにロミュラン中立地帯のパトロール任務を命じた。
 そして、迎撃艦隊はタイフォン・セクターに集結しボーグを待ち構えた。


戦闘編集

Borg cube approaches Earth

地球に接近するボーグ・キューブ

 タイフォン・セクターへワープ9で到達したボーグ・キューブは、迎撃艦隊と対面した。エンタープライズでは艦隊交信周波数1486を傍受し戦況を確認していた。ボーグは宇宙艦隊に対して降服を勧告した。

"We are the Borg. Lower your shields and surrender your ships. We will add your biological and technological distinctiveness to our own. Your culture will adapt to service us. Resistance is futile."ファイル情報
“我々はボーグだ。シールドを下ろし降伏せよ。お前たちの生物的特性と科学技術を我々のものとする。それに付け加え、お前たちを我々に従属させる。抵抗は無意味だ。”
USS Defiant, First Contact

ボーグに対して攻撃を加えるUSSディファイアント

 迎撃艦隊はただちに攻撃を開始したが、攻撃開始からたった40秒で防御ラインは崩されてしまう。この戦いでボーグの圧倒的な攻勢の前に艦隊は大打撃を受け、少なくとも16隻が破壊された。
 USSボズマンUSSディファイアントを含む残存艦は、太陽系へ向けて進撃するボーグ・キューブを追跡した。これらの戦況を傍受し、戦況が不利であることを確認したピカード大佐は命令に反してボーグ迎撃のために地球へと向かうことになる。
 エンタープライズが地球の軌道に到着した時には、ヘイズ中将が座乗する旗艦を含め艦隊の大半は既に失われていた。※ヘイズ中将は脱出ポッドで艦からの脱出に成功した模様である。
 ロミュラン中立地帯から地球までの約30光年の距離はUSSエンタープライズEの最大速度ワープ9.985で約一日かかる距離であり、セクター001にエンタープライズが到着した時にはタイフォン・セクターの迎撃艦隊の残存艦が戦闘を続行中であった。つまり、迎撃艦隊は一日近く追跡及び戦闘を続行していたのであった。

USS Enterprise-E engages Borg at 001

エンタープライズがボーグ・キューブの弱点に攻撃を加える

 エンタープライズが到着したときには、艦隊によるボーグ・キューブへの果敢な攻撃の結果、艦体の外殻に多数の損傷が発生しており、パワーグリッドは不安定となっていた。USSディファイアントはボーグの攻撃で満身創痍となっており、体当たりを敢行しようとしていたところでエンタープライズによって救出された。
 ピカード大佐は以前にボーグに同化された際に体内に残された集合体リンクからボーグの声を聞くことができた。そこから、ボーグの弱点を割り出し、全艦隊に対して攻撃を指令した。そして、その指令に従い全艦隊による一斉砲火が行われ、ボーグ・キューブの破壊に成功した。

Akira escapes exploding cube

ボーグ・キューブの破壊に成功

 しかしながら、ボーグ・キューブは爆発の直前にボーグ・スフィアを脱出させた。それは一直線に地球へ向かった。エンタープライズはただちにこのスフィアの追跡を開始した。
 スフィアは時刻測定粒子を発生させて時空の歪みを発生させ、時空を超えた。その歪みに捕らわれたエンタープライズはボーグが過去から地球を侵略し、地球が90億のボーグによって支配されてしまっている姿を目撃した。ピカード大佐はスフィアを追い、過去の侵略を食い止めるために時間をさかのぼったのであった。

 ボーグは2063年のファースト・コンタクトを阻止しようと計画していたが、エンタープライズの活躍でこれを阻止し、無事に24世紀に帰還しボーグ第二次太陽系侵攻は阻止されたのであった。

戦闘参加艦一覧編集

艦名 レジストリナンバー クラス
USSアパラチア NCC-52136 スチームランナー級
USSボズマン NCC-1941 ソユーズ級
USSブダペスト NCC-64923 ノルウェー級
USSディファイアント NX-74205 ディファイアント級
USSエンデバー NCC-71805 ネビュラ級
USSエンタープライズ NCC-1701-E ソヴェリン級
USSレキシントン NCC-61832 ネビュラ級
USSマディソン 不明 不明
USSサンダーチャイルド NCC-63549 アキラ級
USSイェーガー NCC-61947 セイバー級

名称不明艦

付録編集

注釈編集

  1. Akira and Millennium Falcon

    ジョークで紛れ込んだスター・ウォーズのミレニアム・ファルコン

    この宇宙艦はスター・ウォーズのミレニアム・ファルコンのCGIモデルである。ILMのエフェクト・アーティスト、ジョン・ノールが加えた。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア