Wikia

Memory Alpha

スロク級

トーク6
2,602 件の記事が
このウィキにあります
スロク級
TiMur front.jpg
艦種: 科学調査艦巡洋戦艦
所属: ヴァルカン最高司令部
速度: ワープ6.5(科学調査時)
ワープ7(戦闘時)
武装: 粒子ビーム兵器光子性兵器
防御: ディフレクター・シールド
状態: 現役 2154年現在)
ShRaan profile.jpg
左舷側
NiVar aft.jpg
船尾側

 スロク級(Suurok class)は22世紀中盤にヴァルカン最高司令部科学調査艦および巡洋戦艦として保有していたヴァルカン宇宙艦である。

 2151年、エンタープライズが謎の異星人船に無力化されたとき、ジョナサン・アーチャーはヴァルカン最高司令部がスロク級の艦を派遣してきて「ご丁重に」自分たちを地球に曳航することを心配していた。(ENT:言葉なき遭遇

技術情報編集

デザイン編集

 スロク級のデザインは長い円筒形の第一船体とユニークな円形かつリング型のワープ・ナセルによって構成されていた。

主要システム編集

 2150年代の間、このクラスの艦はヴァルカン艦隊の中で最も速く、強力な宇宙艦の一つだった。

 スロク級は科学調査艦としては最高速度であるワープ6.5を出す性能を有していた。戦闘艦としてはワープ7を出すことができた。(ENT:彗星は去り行くともENT: 追放された者への祈り) この進歩の背後にある技術は2151年地球連合宇宙艦隊 には『機密』とされていた。(ENT:彗星は去り行くとも

ShRaan disables the Mazarites

粒子ビーム兵器の発射

 スロク級は標準的な粒子ビーム兵器によって武装されていた。戦闘時には、これらの艦は三隻のマザール艦で構成される艦隊を破壊せずに無力化できる能力を持っていた。(ENT:追放された者への祈り

T'Mir tractors shuttlepod

トラクター・ビーム

 また、スロク級は地球連合宇宙艦隊には『機密』とされているトラクター・ビームを装備している。トラクター・ビーム・エミッターはワープ・ドライブの正面、第一船体の下部セクションに装備されている。

同型艦編集


付録編集

登場回編集

背景編集

名前編集

 この宇宙艦の級名は、一般的に「スラク(Surak)」級だと思われていることがあるが、「彗星は去り行くとも」でアーチャー(バクラ)がはっきりと「スロク(Suurok)」級と発音している上、クローズド・キャプションでの綴りもそれに対応している。マイク・サスマンによる台本の最終草案ではこの「スロク(Suurok)」の綴りで確定しており、彼いわく「スラク(Surak)」の綴りは早期の草案に出てきたものかもしれないということである。「スラク(Surak)」の綴りはまた、ダグ・ドレイクスラーの書いた宇宙艦デザインについての記事にも現れている。(Star Trek: The Magazine, Star Trek Monthly issue 104)

もとのデザイン編集

 スロク級はダグ・ドレイクスラーによってデザインされたもので、スタートレック:エンタープライズに出てくる最初のヴァルカンの宇宙船のデザインであり、スタートレックシリーズに出てくる初の重要なヴァルカンの宇宙船のデザインであった。スロク級をデザインする過程で、ドレイクスラーはスタートレックを定義する最も重要な種族の一つであるヴァルカンの宇宙船をできる限り記憶に残るものにすべきだと感じた。

 彼のデザインのゴールは簡単だった。すなわち彼はマット・ジェフリーズによってデザインされた最も記憶に残る船のデザインに至ったのである。彼の目に留まった船のうちの一つはUSSエンタープライズ(XCV-330)で、デザインされた年代のために他のどのようなスタートレックのデザインからもかなりかけ離れていたためであった。彼はまた『TNG: 潜入!ロミュラン帝国・後編~ミスター・スポックとの再会~』に出てくるリング状構造を持つヴァルカン船(トゥパウ)を思い出した。彼がこれをアイデアの基にしていたのは、「斜視テスト」に合格する船を求めていたためである。スクリーンにおいて船が小さくても、これを簡単に確認できる。さらに、ドレイクスラーは『スタートレック:ファーストコンタクト』に出てきたトゥプラナ・ハスの赤みがかった色を適合させた。これはほとんど存在しない言及を使ってデザインの系統を創造する試みだった。

 トゥプラナ・ハスに似たデザインや、マット・ジェフリーズの初期のデザイン(ダイダロス級)を基にした球形の第一船体を持つオリンピック級に似たデザインも考慮された。デザイン工程の最終決定で、この船のデザインはほかの数隻の船がそうされた様に上下を反転された。他のコンセプト・デザインなど詳細なデザインの過程を知りたい場合は、このページの下の外部リンクを参照。

デザインの変更編集

ShRaan aft, closeup

シュラーンの船尾側

 スロク級は『彗星は去り行くとも』と『汚された聖地』に登場したが、後の『追放された者への祈り』と『ロミュランの陰謀』ではデザインの改められた艦が登場している。

 これはドレイクスラーによるスロク級をピエール・ドロレット(Pierre Drolet)が高解像度で描き直したもので、サイズが大きくなり形状にもいくつかの違いが見られる。また設定においても、ワープ最大速度が異なる。

 これらを同じスロク級においての科学調査用と戦闘用の違いであるとするか、似ているが別種の艦であるとするかは、意見の分かれるところのようである。3Dアーティストのロブ・ボンチューン(Rob Bonchune)は「別のクラスやタイプの艦ではなく、理論的には同じ艦」と述べているが、最初にスロク級をデザインしたドレイクスラーは「2つは別のクラスの艦だと思いたい」と述べている。[1]

 主な変更点は、第一船体の延長、船体下部を平らにしたこと、船尾インパルス・エンジンの発光部分を青から赤に変えたことなどである。

非正史編集

外部リンク編集

ウィキアネットワーク

おまかせウィキア